「食材の在庫が多い店の料理はまずい」。考えさせられた言葉。

未分類

先日、料理人の方々と食事。

いろいろと興味深い話を伺ったのですが、
その中で、一番ぐさりときたのが、
「食材の在庫が多い店の料理はまずい」
との言葉です。

はやっている店ほど、料理のための食材が必要。
しかしそうした店は、必要な分だけ発注して、
消費していくので、鮮度もよく、無駄が出ない。

しかしそうでない店は、必要以上に発注し、
冷蔵庫、倉庫などに在庫を保管し、
その存在を忘れたり、期限を切らしたりして、
無駄にしてしまい、原価を上げてしまったりするそう。

人の注意力、管理能力というのは、
機械、コンピュータを使っても
限られており、その範囲を超えると、
料理を作るところや接客などの面で、
気の回らないところが出たりすると。

自分が管理できる種類と量をしっかり把握して、
その範囲で、食材を使い、流し続けることが肝心。

これは何も調理の食材の管理に限らず、
人生のあらゆる面においても
言えることではないかと感じました。

冷蔵庫にいろいろな食材、調味料を
ほおりこんで、詰めっぱなし。
忘れてしまい、いつの間にか無駄にしたり、
「化石」を作ってしまう。

大きな無駄です。

これと同じことを人生の他の場面で
もしかしたらやってしまっているのかもしれません。

あなたはいかがですか?

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント