「ネコライオン」展が開かれている日本橋三越本店に猫おじさん、現れる。ライオン像に猫のせる。

未分類

何年か前、銀座、新宿の繁華街の
道端の看板の上やお花見の頃、上野公園の桜の枝に
猫を載せる猫おじさんというのが、話題になりました。

2016年6月4日午後4時すぎころ、
日本橋三越本店に買い物に行きました。

買い物を終えて、中央通り沿いのライオン像の
出口に向かったら、人だかりが。

1楷の入り口入ったところに、
大きな作り物の猫の像があります。

その下に、2匹の猫が。
その猫をスマホなどで撮影したり、
なでようとお客さんが集まっていたのです。

そういえば、岩合光昭さんの「ネコライオン」の
催しが開かれているから、その関連イベントかなー
と思ったら、どうも様子がおかしい。

写真展 岩合光昭の世界ネコ歩き2 : 店舗情報
『飾る日も 飾らない日も 三越と』 日本橋本店 三越の商品情報をはじめ、イベント、フェア、文化展など、最新情報をお届けいたします。

おそらく三越の若い男性が、
像の前にいた中年男性に何か話しかけていたのです。

その中年男性は、しばらくネコを放置していたのですが、
注意された後、ネコをとりあげ、持っていた2つのバッグに、
それぞれ1匹づつ入れて、外に去っていったのです。

どうも無断でネコを持ってきて、店内入り口すぐの
ところにある大きな作り物のネコ像の下に放した
らしいのですね。

その像の近くの傘売り場を一回りして、
ライオン像のある入り口を出ようとしたら、やっぱり人だかり。

先ほどのネコおじさんが、
「ネコライオン」ではありませんが、
ネコを三越のライオン像の背中に乗せていたのです。
(入り口に向かって左側)

事情を知らない通行人は、ネコが可愛いので、
たくさん集まってきて、やはり写真撮影、
さらに我先にと、そのネコ2匹に手を伸ばし、
毛をなでていました。

ネコは、2匹とも毛がピカピカで、
人にさわられてもおとなしくしていました。
逆におとなし過ぎると感じました。
いつもこうしたことをされて慣れているからでしょうか?

ネコのきれいさに比べ、おじさんは、
服もバッグも垢や汚れだらけ。

ネコに人が群がる様子を後ろで見て、
ニコニコしていましたが、
普段は、どこで何をしているのかなー。

 

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント