8ミリフィルムをDVDに変換してくれるサービスを利用した知合い。若い時の両親の姿を見て……。

スポンサーリンク
未分類

このところ、ずっと家の不要品を
捨てています。

その中で、大量の8ミリフィルム、
カセットテープ、DATテープ、
MD、VHS、β、8ミリ(テープ)、
MiniDVなどを発見しました。

この中で再生できるのは、わずか。
ほとんどは、テレビ番組の録画なのですが、
中には、家族や旅行の記録も。

それらは、どうしても新しいメディアに
移しておきたい。

それで調べたところ、
1本・枚数百円から3000円くらいまでで、
DVDなどにダビングしてくれるサービスを
いくつか見つけました。

富士フイルム、8月31日まで10%オフ。
《8mmフィルムの「DVDにダビングサービス」》
http://fujifilmmall.jp/conversion/dvd_8mm/

以前から知ってはいたのですが、
なかなか腰が動かず、そのままになっていました。

昔のフィルムなどをダビングしよう
と思ったのは、ずいぶん前。

自分より一回り上の方から話を聞いてから。

その方は、ご両親が亡くなり、
実家を片づけをする中で、
8ミリフィルムを見つけたそう。

かなりあったそうですが、
みんなと話会って、金銭的負担はあるけれど、
ダビングできるものはダビングしようと決めたそう。

そして、ダビングができた時、
兄弟、親戚を呼び、実家で、
「上映会」(フィルムではないのでテレビでみる)を開いたのです。

そのDVDの中には、若かりし頃のご両親、
そして兄弟また親戚の人たちの姿が。

立て直す前の実家、近所の神社の夏祭り、
海水浴、七五三、お餅つき、家族旅行などなど。

家族や親戚で集まって行った行事を中心に、
家族の記録がしっかりと残されていたんですね。

小さい時に見た記憶はあるけれど、
すっかり忘れていた。
それがこのDVDを見ることによって、
見事に蘇ったといいます。

当時より、年月がたてばたつほど、
この記録の価値は増すのでしょうね。

結構、お金はかかったけれど、
それ以上の価値は十分にあった。
これから先、自分の子供たちにも
見せてあげたいと思ったと。

自分も出来るだけ、
ダビングをしておきたいと思いました。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント