8月5日は発酵の日。甘酒、お酢、味噌、醤油。日本の食文化は発酵のたまもの。

スポンサーリンク
未分類

8月5日は、その語呂から「発酵の日」
なんだそうです。

マルコメ、《8月5日は発酵の日》
http://www.marukome.co.jp/knowledge/85nohi/index.html

昨日(2016年8月4日)の朝日新聞に
大きく、「発酵の日」を告げる広告が
大きく2面を使って掲載されていました。

左側の全面に掲載されていたのは、
マルコメの甘酒。
《夏休み!
思いっきり遊んだ後は
冷たい甘酒。》

マルコメの甘酒は、酒粕を使ったそれと異なり、
米糀を使って作られているので、アルコール0%。
《飲む点滴と称されるくらい、子供たちに必要な栄養も。》
と書かれています。

右側の一面は発酵仮面という呼び名をもつ
東京農業大学教授の小泉武夫さんと、
乳酸キャベツで話題の
料理家・井澤由美子さんの対談が掲載されています。

小泉さんは、冒頭、以下の本を今春出したことを述べ、

江戸時代の発酵食の中でも“究極のスタミナ食”を見つけたと告げます。

それはどんなものなのか?

《味噌をお湯に溶いて、まずそこに豆腐を入れるの。
次に納豆を叩いて、挽き割りにしたものを加えて、
さらに油揚げをたっぷりと入れた味噌汁がそれ》。

タンパク質=大豆を三段重ねで入れたものですね。

さらに小泉さんが勧めているのは、お酢。
こちらも発酵食品ですね。
(井澤さんが、お酢に含まれるクエン酸が
疲労回復に期待できるからおすすめと)

酢の物、ところてん。

さらに小泉さんは、
鯖をぬか漬けにした「へしこ」。

さらに、白いご飯に
カリカリ醤油おかかと刻みネギ。
そしてぬか漬け。

また昔の女の人たちが夏の体力維持に飲んでいた
と「みりん」も発酵食品のお勧めとしてあげています。

いやー、身近な所に、
健康に役立つ発酵食品があふれていますね。

続いて井澤さんの乳酸キャベツに話が及びます。

キャベツについている乳酸菌だけで発酵している乳酸キャベツ。
井澤さんは、食べ合わせ方でさらに
発酵食の効果を高めるとして、
食物繊維と一緒にとることを述べています。

具体例としては、ヨーグルトにシリアル。

小泉さんは、食物繊維が体に有益な腸内細菌を
増殖させる場になるといい、日本人の主菜は、
すべて植物由来のものであったので、
和食を食べていれば、繊維質は足りていたと。

最後に、和食は発酵食が軸であり、
日本人は和食を中心に据えた食生活に返る
ことで、健やかで強い体を取り戻せる
と締めています。

今、マルコメに限らず、多くの会社が、
米糀を使った甘酒を製造販売しています。

当たり前のようにスーパーなどで
売られているのは嬉しい限り。

江戸時代以来、親しまれた甘酒を
飲んで、暑い夏を乗り切りたいと思います。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント