アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。something~。

スポンサーリンク
アルファフェイバリット英和辞典第2版

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。

something 何か、たいしたもの、人
《or something …か何か》。
「something」=ひとかどのもの、たいしたもの
という意味を何かのドラマで覚えた。
The Beatlesのジョージ・ハリスンの「Something」。
sometime いつか、そのうち
sometimes 時々、時には
「ことわざ」として、《Even Homer sometimes nods.》
(ホメロスでさえ時には居眠りをする:「弘法も筆の誤り」)
をあげている。ホメロスは古代のギリシアの詩人。
「イリアス」「オデュッセイア」の作者。英語では、
ホーマーに似た発音。
somewhat 幾分、いくらか
somewhere どこかで
son 息子、おまえ
sonar 水中音波探知機
sonata ソナタ
song
カーペンターズ「Sing」。
《sing, sing a song》
sonic 音波の
son of bitch 馬鹿野郎
意味は知っていても、使ってはいけない言葉。
soon まもなく
《See you soon.またすぐ会いましょう》
《The sooner,the better.早ければ早いほどよい》
《as soon as possible 出来るだけ早く》
《sooner or later遅かれ早かれ》
この具体例として映画「タイタニック」の
ジャックのセリフがあがっている。
soothe なだめる、鎮める
soothing 落ち着かせる
sophisticate 洗練された人
sophisticated 洗練された
sophistication 洗練
ジャズの名曲の一つ《Sophisticated Lady》
《Ella Fitzgerald – Sophisticated Lady (High Quality – Remastered)》

Ella Fitzgerald – Sophisticated Lady (High Quality – Remastered)
Amazonサーチ
アルファフェイバリット英和辞典第2版
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント