俳優の平幹二朗さん、亡くなる。浴槽で倒れているのを発見される。お風呂場・入浴の危険。

スポンサーリンク
未分類

お昼ご飯の時、母が、
「平幹二朗さんが亡くなったねー」
と寂しそうに一言。

年齢も近く、テレビドラマ、舞台を見て、
親しんでいただけに、大きなショックだったよう。

平幹二朗さんは、82歳。

世田谷区内に一人暮らし。

22日から本人と連絡がつかないということで、
心配した長男の俳優・平岳大さんが、
翌日23日夕方に訪れたところ、
浴室で倒れているのを発見したそうです。

死因は現在のところ、明らかではありませんが、
お風呂場で、心臓発作などに襲われ、倒れて、
そのままお亡くなりになったのでしょうか。

以前にも書いたことがありますが、
風呂場で溺死したりして、なくなる人の数は、
年間で1万7000人ほど。(2011年度)

これは交通事故死の4倍ほどにあたります。

亡くなる方の多くは高齢者。
健康と思われる方も、多く亡くなっています。

風呂場と脱衣場の温度差など、
一気に寒暖の差のある状態におかれると、
(ヒートショック)
心筋梗塞、脳卒中などを引き起こすことから、
死亡事故につながるようです。

母もかかりつけの医師に、
入浴によるヒートショック、
事故の危険性を教わり、とても気をつけています。

〇日本で入浴中に死亡する人のうち、9割が65歳以上。
その主な原因は、上にあげたように
温度変化によって急激に血圧が上下する「ヒートショック」。

〇寒い季節の夜、高齢者を一人で
熱いお湯(41度以上)に入浴させるのは、非常に危険。

〇防止策
家族がいる場合は、家族がいる時に入る。
夜ではなく、昼間、夕方などに入る。
銭湯、入浴施設、デイサービスなど、人の目のあるところで入浴する。
体調が悪い時は、入浴を控える。
脱水を防ぐため、入浴前に水をコップ1杯ほど飲んでおく。
脱衣室、浴室を温かくしておく。(24度~26度)
(脱衣室…暖房で温める。浴室…給湯をシャワーで行う)
お湯の温度は41℃以下(38度~39度)。入浴時間は10分以内。
おへそから下にかけ湯をした後、浴槽に。
肩までつからず、みぞおちくらいまで。
家族がいる場合はこまめに声をかける。

〇ヒートショックは、浴室、入浴だけでなく、
トイレなどでも発生する。トイレの温度にも気をつける。

〇外気温がさがる、10月ころから入浴死は増加。
12月1月が1年の中で最も多い。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント