亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「リバーシブルの服と十徳ナイフは買うな」との教えの意味は?

   

リバーシブルの服はお好きですか?

先日、知り合いから指摘されて、
改めて気づいたのは、
自分の数少ない手持ちの服の中で、
リバーシブルの割合がとても多い
ということです。

あなたはいかがですか?

リバーシブルの服が多い理由は単純です。
一枚で2通りの変化が楽しめ、
一枚分の値段で2枚分とお得だからです。

さらにぐるりと家の中を見回すと、
合体型の製品が目立ちます。

たとえばテレビデオ。
(今はもう使っていませんが)
テレビとビデオが一体となったもので、
二つ別々に買うよりスペース・お金が節約でき、
コードなどの接続の手間も省ける。

また引き出しの中に、いくつもあるのが、
4色ボールペン(シャープペンシル内蔵)
や十徳ナイフ。

4色ボールペンはご説明の必要はないでしょうが、
後ろの方は、アーミーナイフともいい、
一つの折りたたみナイフの中に、
はさみ、プラスドライバー、栓抜き
などが一緒に納められている製品です。

一つあると災害時など、どんな時にでも、
対応可能ということで買ったものです。

そう自分は、一つの製品の中に、
いくつもの機能が含まれているものが
好きなんですね。

ところが、その十徳ナイフをいくつも
買い集めていた中学生くらいの時に、
何人かの人に、同じ趣旨の事を
言われたことがあります。

どんなことなのか?

それは、リバーシブル、合体型の製品、
十徳ナイフを買い求める人の心理の底にある
「精神の駄目さ」です。

「二つのものを一つにするということは
どこかに無理があるということ。
性能、デザインなどを犠牲にしている。
それを良しとする心根が駄目だ」。

確かに、2つ、場合によっては3つを
一つに合体させた製品は、
それぞれ独立した製品に比べ、
個々の性能・機能は少々劣るかも知れないが、
逆に、スペース、金銭的な面で優れている部分もある。

それを比較した上で、リバーシブル、
合体型の製品を選ぶのもありではないか……
と反発を覚えたものです。

「あれも出来るこれも出来るは
あれも出来ない、これも出来ないであり、
結局、何も出来ないのと同じ」
なんて教えられたことも。

さらには、
「こうした物を好むということは、
一つのことを極めようとせず、
中途半端に次から次へと手を出し、
結局、何も物に出来ない人である」
と指摘されたことも。

そう、これは全くその通りだったので、
反論することが出来なかったのですが……。

今、日本の野球界の至宝とも呼ばれる
大谷選手のように、投手またバッターとしても
一流の「二刀流」がいますが、
それは本当にまれな例外中の例外。

特別な才能を持つ人でないと、
複数のことを突き詰められないのかもしれません。

人に対し、リバーシブルの服は買うな、着るな、
マルチ機能の製品は買うな、持つななんてことは、
言えませんが、そうしたモノを好む傾向の底にある
自分の精神、心の傾向については、知っておいた方が
良さそうです。

〇一台二役、マルチ機能、多機能には気をつけろ。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

秋になると、家の前のおじいさんが毎朝やっていた「焚き火」を思い出す。

小さい頃、実家の前の家は、 道に面した建物の横が、奥の庭につながる 通路になって …

「縛りを解き放て」。お孫さんの「なんで」攻撃で悟った知人。

お子さん、お孫さんなど、 家族と一緒に過ごすことが多いお正月。 知人のお孫さんは …

思い出の品を小さくして手元に。制服、スーツ。ランドセル。

あなたは、学生の時の制服、ランドセルなどをお持ちですか?、 先日、知合いの女性が …

捨印の意味。ご存じですか? 銀行の申し込み、契約書などに押したことありますよね。

夜に帰宅し、居間に行ったら、 家族から突然の質問を受けました。 「捨印の意味って …

ICレコーダーを活用する高齢者。お医者さん、店員の説明を録音。カラオケ、メモがわり。

2015年12月7日、歌舞伎座に向かう 都営浅草線の車内で、座席に座った 高齢の …

井村屋の「あずきバー」。小さくなります。プレミアムタイプ「ゴールドあずきバー」発売。2015年4月14日発売。

1973年発売のロングセラーのアイス「あずきバー」。 2015年4月14日から、 …

2015年ノーベル医学生理学賞受賞、大村智さんのお母さんの日記に記していた言葉。

2015年ノーベル医学生理学賞を 受賞された大村智さん。 受賞された時に、その語 …

岐阜県が舞台(聖地)のアニメが続々。故郷が取り上げられるのは嬉しい、「君の名は。」を見てみようかと母。

映画「君の名は。」が1ヶ月足らずで、 興行収入100億円を突破したそう。 そのニ …

原節子さん逝去に感慨ひとしおの母と叔母さん。二人にとって自分の時代を象徴する人物の1人。

今朝、朝食をとりにダイニングに行くと、 下から新聞を持ってきた母と入り口のところ …

ゆで卵入りかまぼこ「アリマド(アルマド)」。懐かしい思い出の味。

2016年12月20日、BS日テレ 《三宅裕司のふるさと探訪》は、アンコール放送 …