亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

風邪、インフルエンザの睡眠中の対策。ぬれマスク効果絶大。加湿と保温。

   

全国的にインフルエンザの流行が見られるようです。

インフルエンザにかかっている人、
多いみたいですね。

また風邪の人も周囲に多く見かけます。

母は、10月下旬、かかりつけのお医者さんに、
インフルエンザの予防注射に行きました。

毎年恒例となっています。

その際に、これまた毎年高齢の
風邪、インフルエンザ対策について
聞いてきました。

去年から加わったのが「ぬれマスク」です。

外出中に加え、
特に就寝中にするとよい
と言われ、実践しています。

このおかげで朝起きたとき、
口やのどが渇いたり、のどが
イガイガすることがなくなった上、
一度も風邪にかかりませんでした。

お医者さんに言わせれば、
風邪・インフルエンザのウイルスは
乾燥、低温の場所で活性化。

このためその逆、湿度を加え、
温度を高くすれば、不活性になり、
風邪、インフルエンザになりにくくなるとのこと。

特に寝るときは、口、のど、鼻などから、
ウイルスがはいりやすい。
その上、睡眠時は免疫も低下しているので、
日中よりも、よりかかりやすいのだそう。

なので睡眠中こそ、より対策が必要とのこと。

ぬれマスクをつけると、口、鼻の粘膜が乾かず、
温度も高くなるので、まさに風邪・インフルエンザの
予防策として最適なのですね。

加えて部屋全体を暖め、加湿器などで加湿する。
さらに空気清浄器で、部屋の空気の中のちり、
ハウスダスト、さらにウイルスも減らす。

こうした対策をとっておくとよいとのことです。

慣れない間は、ぬれマスクをつけると、
息苦しく感じる人も。
その場合は、部屋の加湿をしっかり行うことで代用。

また寝る前に、花粉症の予防としても使われる、
吸入器で口、のど、鼻にスチームを通すと
いいとのことです。

花粉症がひどい方でこうした吸入器を
持っている方はいらっしゃることでしょう。
この冬の時期にも活用したいですね。

〇2016年11月25日に、厚生労働省は、
インフルエンザが全国的な流行期に入ったと発表。
今季はやや早め。

〇インフルエンザウイルス型、
今季はこれまで「A香港型(H3N2)」
という種類が最も多く検出。ほかの型も検出している。
高齢者が重症化して2次感染の肺炎などを
引き起こすことが比較的多いのが特徴。
なので高齢者ほど予防注射の必要性が高い。

〇インフルエンザのワクチン接種
感染をした時に重症化するのを防げる。
なお接種から効果が出るまでには2週間くらいかかる。
(なので本来は10月中に受けておくことが望ましい)

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2015年、ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智北里大特別栄誉教授。油にまみれた定時制高校の生徒の手を見て決心した「学び直し」。

2015年のノーベル医学生理学賞の受賞者の一人に、 大村智(おおむらさとし)・北 …

都内のイオン、シニア向けに朝7時開店。千葉の知合いは無料バスでイオン通い。ウォーキング。

去年の12月初めのことになりますが、 都内のイオンが午前7時から開店 というニュ …

アメリカ、ニュージャージー州ホーボーケン駅で電車が駅舎に衝突し100人余りが負傷。ホーボーケンの思い出。

アメリカのニュージャージー州の ホーボーケン駅で、2016年9月29日の朝に、 …

皇后陛下、81歳、半寿。天皇陛下と毎朝、スロージョギング。

2015年10月20日、 皇后陛下が81歳の誕生日を迎えられました。 今日の新聞 …

貧しい子どものためにジェラートを一つ。コーヒーに続いて友情の輪、広がる。イタリア。

ナポリのお預けコーヒー。 以前、ブログでご紹介しました。 お金を持っている人が、 …

信号機。赤青緑の配列は? Googleのロゴの配色は? 人は見ているようで見ていない。課題を与えて脳を活性化。

インターネットを使った事がある方なら、 検索サイトGoogleはご存じで、 毎日 …

さざんか梅雨。低気圧で気分が下がる。不調の訳が初めてわかったと知人。気象病、天気痛。

家のサザンカが咲いています。 この花を見ると、 秋から冬に季節が移り変わっている …

マスターズ陸上。75~79歳の部門で3種目の世界記録保持の中野陽子さん、79歳。2016年の東京マラソンで世界記録を狙う。

以前、中野陽子さんという女性を ご紹介したことがあります。 「全日本マスターズ陸 …

6月30日、「夏越の祓」をしましたか?  逃した方は、夏詣。《開運八社さんぽ 東京福めぐり》。

6月30日、一年の半分が今日で終わります。 以前にも書いたのですが、この日は、 …

母子手帳ならぬ「祖父母手帳」。今時の子育ての常識をまとめた手帳をさいたま市が発行。「孫育て」と「孫疲れ」。

何年か前、中学の同級生(女性)に孫が出来たと知り、驚きました。 若い時に結婚し、 …