ニュースな言葉。「翻刻」。地震古文書。現代字に。

スポンサーリンク
未分類

東京大学地震研究所が所蔵する地震、噴火に関する
古文書など495点すべてについて、古い文字を
現代の文字に直す作業を行いました。
新書で30~35冊にあたるおよそ465万字を、
現代文字に直したとのことです。

この崩し字など古い字体を現代文字に直すことを、
「翻刻(ほんこく)」と言います。

今回のプロジェクトには一般の希望者350人が、
ボランティアとして参加しています。
大学で史料解読を学んだ人ばかりでなく、
崩し字アプリなどで新たに学んだ人もいたそう。

以前、年上の友人が、古文書を読むことに
のめり込んでいたことがありました。
既存の書籍化されたものにあきたらなくなったので、
崩し字を読む講座に通い、マスターしました。

それ以後、故郷の実家、親戚宅、旧家などに
保存されていた、古文書を読みあさったそう。
ご先祖様の書いた日記からは、日々の暮らしが
わかり、とても面白かったそうです。

私のご先祖様(本家)も商売をしていて、
その蔵などには、昔の大福帳などが残されて
いました。当主が記した日誌も。大叔父さんは
古文書が読め、よく読んでいました。

一般的な古文書はともかく、
ご先祖様が書いたものなら、読んでみたいですね。

アプリでは
「くずし字学習支援アプリKuLA」が有名なようです。

《スマートフォンを利用した くずし字学習アプリ「KuLA」の開発》
https://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/research/community/hodo/iikura_KuLA









Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント