亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「ささくれ(さかむけ)は親不孝のあかし?」。コボちゃんを見て、昔、言われていたことを思い出す。

   

読売新聞の連載4コママンガ「コボちゃん」。

2017年3月17日は「ささくれ」がテーマです。

ささくれが出来て痛いとコボちゃん。
お母さんは、
「昔から親不孝のあかするとなるって
いわれているのよ」と。

2コマ目で続けてお母さんが、
「なにかかくしごとない?」と
コボちゃんに尋ねます。
3コマ目になって、コボちゃんは、
「点の悪いテスト見せてない…
アイス買ってたべた」と悪いことを告白。

4コマ目は、さらにコボちゃんが続けるのですが、
その内容は、
「おじいちゃんにきてた葉書すてちゃった
ワイシャツをアイロンでこがした…」と、
今度はお母さんの「かくしごと」を告白。

コボちゃんの口を押さえてお母さんは、
「ママのはいいの!」と叫び、オチとなります。

どういう訳か、自分も小さい頃から、
「ささくれ」(さかむけ)が良く出来ました。

その度に、「親不孝するとできる」と言われたものです。

冬の乾燥する時期に多かった気がします。

爪のまわりの皮膚にささくれが出来るのは、
皮膚が乾燥し、脂分が少なくなっているからだとか。

面倒くさいので、そのまま指でひきちぎったり、
むしったりしていましたが、これはダメ。

おもわぬ所に広がり、傷つける恐れがあるので、
ちゃんと眉用のはさみや爪切りで、
処理しなくてはいけないとのこと。

その後、ハンドクリームなどでしっかり脂分を補い、
保湿もしておくとよいとか。
できれば、サイズの大きめの手袋などをして
保温・保湿するのがとても効果的なんだそう。

〇「さかむけ」は西日本、「ささくれ」は東日本で
主に使われるとか。
《第12回 東西対決「ささくれ」「さかむけ」  勝者は?》
http://www.web-nihongo.com/k_hougen/kh_p012/

ほんのわずかなサカムケが出来、
処理するのを失敗するととても痛い。
ほんの小さなことでもちゃんと処理しないと
いけないなと思わせられます。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ご先祖様どころか、祖父母についても知らないことばかり。三鷹がテレビに出てきたら、母が話し始めた……。

NHKの「ファミリーヒストリー」という番組。 ご覧になったことはありますか? 有 …

6月30日、「夏越の祓」をしましたか?  逃した方は、夏詣。《開運八社さんぽ 東京福めぐり》。

6月30日、一年の半分が今日で終わります。 以前にも書いたのですが、この日は、 …

「一水四見」とは? 置かれた境遇で同じものでも見え方が違う。

医師の海原純子さんのコラム 「新・心のサプリ」、 毎日新聞の2016年3月20日 …

若手女優が「出家」で芸能界引退で思い出した、知人の永平寺での修行。

ある若手女優が家族が信じる宗教活動に 専念したいということで、芸能界を引退 とい …

断つ、止める「断ち物」で、有り難みを知る。

昔から、神仏に願をかけて、 それを成就するまでは、 自分の好きな物などを断つ 「 …

奈良、京都、鎌倉などの大寺院の拝観料が続々と値上げ。法隆寺、清水寺、建長寺。いくらだと思いますか?

2017年11月14日、朝日新聞朝刊に、 《大寺院の拝観料、相次ぐ値上げ 法隆寺 …

経営コンサルタントの経歴詐称疑惑で思い出す、自称コロンビア大学卒業の同僚の行方。

週刊文春で、学歴詐称などの 経歴詐称が指摘された経営コンサルタント。 その男性は …

知人から勧められたゼリー健康法。ゼラチンを買って手作り。良質なタンパク質は高齢者ほど必要。

寒い間は、冷たいものは、 たとえ健康にいいものでも、 なかなかとりにくいものです …

春告魚(はるつげうお)。東京湾のエビメバル。相模湾のイワシメバル。ニシン、サワラ、イカナゴ。クギ煮の思い出。

2016年2月9日、日刊スポーツに、 春告魚=メバルの釣りの記事が出ていました。 …

五月病っていう言葉もありますが、お元気ですか? 心の栄養失調。

長いゴールデンウィークの連休も終わりました。 久しぶりに学校・職場に行く朝、 ス …