亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

埼玉県勢、初の夏の甲子園優勝(2017年、第99回)。花咲徳栄高校。埼玉県加須市。読みと名前の由来。

   

夏の甲子園、第99回大会で、
埼玉県代表の花咲徳栄高校が、
広島県代表の広陵高校を破り、
初優勝しました。

今回の甲子園ですが、
恥ずかしながら、校名を読めない
高校が多く出場していて、
それで甲子園の変化を感じました。

今回初優勝した
花咲徳栄高校もその一つです。

埼玉県加須市にある花咲徳栄高校。

地名からして読めない、
知らないという方も多いのでは?

まず加須市は、「かぞし」。

自分は「加須インター」「加須うどん」
から知っていました。
(鯉のぼりの生産日本一)

加須市
http://www.city.kazo.lg.jp/

この市名・読み方の由来ですが、
《クニの部屋 -北武蔵の風土記-
郷土作家の歴史ハックツ部屋。》の
《“加須”(かぞ)の地名の由来は? ―子ども昔語り(127)―》
http://blog.goo.ne.jp/kuni-furutone118/e/52d3fa3a8c0da8870842ee5a0acd89a0
では、
《『加須市の地名』(加須市史編さん室)では
3つの説を挙げています。》
と紹介しています。

“光明寺”という寺を創建した
加津内蔵丞長高”にちなむ、「加津説」。

“大聖院”という寺の「八幡山大聖院神増寺」
との寺号の「神増」から起こったとの説。

元禄頃より新田開発で石高が増加していった
「加増」からとの説の3つです。

しかし「加須」との表記になった理由は不明のようです。

さて花咲徳栄高校ですが、
こちらは「はなさきとくはる」と読みます。

花咲は、学校の所在地の加須市花崎から。
また「徳」は生徒が徳を積むように、
「栄」は、学校の運営母体が、
学校法人佐藤栄学園であるところから。
(さとえがくえん)とか。

なお佐藤栄学園ですが、
創立者が佐藤栄太郎であるところから、
この名前がつけられたということのようです。
http://www.satoegakuen.ac.jp/about.html

ちなみに系列高としては、
さいたま市にある、埼玉栄高校、
栄東高校があります。
(「栄」はともに「さかえ」と読む)
http://www.hanasakitokuharu-h.info/about/organization.html

この教育団体では、「栄」という字を
「え」「さかえ」「はる」と3つ
読み分けているということになります。

栄の読み方
http://kanji.jitenon.jp/kanji/449.html

地名・人名は難しいなー。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自分の記憶を信じない。仕組みでカバーする。

先日、新聞に全面広告で掲載された 2017年9月5日発売のロッテの 「記憶力を維 …

虫の知らせ。大学時代の同級生のお父さんが亡くなる。亡くなる直前まで弱音を吐かず毅然と。

大学時代の同級生のお父さんが 先日、亡くなりました。 そんなに頻繁に会っていた訳 …

スイートコーンのゆでたてを食べながら、昔のモチトウモロコシを思う。

昨日、お隣の方から、 トウモロコシをいただきました。 お隣も知合いから、もぎたて …

2月6日は海苔の日。海外在住の友人たちの日本食への思い。一枚の海苔が教えてくれたこと。

2月6日は海苔の日だそう。 http://www.zennori.or.jp/d …

水やりはやり過ぎると枯らす。筋トレは休養もトレーニング。記憶は間隔をあけて。

小学生の頃、丁度、これくらいの季節に、 学校で、朝顔のタネを鉢にまいて、成長を …

直木賞作家・黒川博行さんの新作「勁草」。勁草書房の由来。「疾風に勁草を知る」とは。

直木賞作家・黒川博行さんの新作「勁草(けいそう)」。 広告が2015年7月6日の …

和の文化を見直している友達、ついに月に一度の写経を始める。その心境はいかに。

若い時はニューヨーク、ロンドンなどに出かけ、 最新の流行、モードなどを取り入れて …

おじさん・おばさんたち(同級生)のスマートフォンのカメラ機能の活用術。

先日8人ばかり中学の同級生が集まり、 旧交を温めました。 いろいろと驚くことがあ …

声帯の老化を防ぐため毎日、家で大きな声で歌う。近所迷惑にならない秘密兵器。

最近、誤嚥性肺炎にならないように 喉を鍛えるという体操、本について 紹介しました …

アメ好きの知り合いの女性。アメを減らして、乳酸菌タブレットをなめ始めて……。

関西の女性、特に熟年から上の 世代の方は、アメを必ず持っているといいます。 自分 …