亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

物忘れ改善薬をドラッグストアに買いに行った友人。奥さんに叱られる。

   

このところ様々な製薬会社から、
「物忘れ改善薬」が発売されていますね。

自分もこのところ、
人の名前が出てこなかったり、
用事を忘れてしまったりするので、
とても関心があります。

薬ではないのですが、
つい最近、ロッテから出た
「記憶力を維持するタイプ」を
買い求めました。
https://www.lotte.co.jp/products/brand/kiokuryoku-hanitsukinikui/

友達は、以前から自分よりもっと
関心を持って、これまでいろいろな
グッズ、サプリメントを試しています。

ついに薬を試すことにしたそう。

新聞の広告に出ていたのが、
小林製薬の「ワスノン」。

小林製薬は、商品名が特徴的。
効能がわかりやすいネーミングが特徴ですね。
(「熱さまシート」「ブルーレットおくだけ」「ガスピタン」)

この「ワスノン」もなかなかわかりやすい。

知人もそう思って、広告を持たず、
この薬を買いに、近所のドラッグストアに
行ったとのこと。

結構広い店内。
探し回るのはいやなので、
店員にどこにあるかを聞くことに。

店員はまもなく、近くにやってきたのですが、
いざ聞こうとして、この商品名が全く
出てこなかったのだそう。

なので、その店員には声をかけられなかった。

しばらくその場で考えていたのですが、
やはり思い出せない。

しょうがないので、
「あのー、記憶力が……、なんとか言う、
新聞に広告が出ていた……」
としどろもどろで尋ねたといいます。

店員は、
「あ、物忘れ改善薬のコーナーはあちらです」
と教えてくれたとか。

その棚に向かうと、なんと最近、
発売されたものが、いくつも並んでいました。

「アレデル顆粒」
「ワスノン」
「キオグッド顆粒」

友人は、それらを見て、思い出すどころか、
「あれ、どれだっけ?
ダジャレみたいな名前だったなー。」
と逆に迷い始めたそう。

店員さんにもう一度、聞くのも恥ずかしいと、
結局、友達はどうしたか。

そう、なんと3つとも買ったのでした。

帰宅後、袋を見つけた奥さん。

中をあけて、
「何? 3つも買ってきたの。
『ワスノン』だけ買いに行ったんじゃないの」
と問い詰めました。

知人は、本当のことを言えず、
「いやー、どれが一番自分に合うか
試そうと思って」と言い訳。

「ほんと? もしかして『ワスノン』
って名前、忘れたんじゃないの?」
と図星をつかれ、あせったそうですが、
最後までしらを切り通したとか。

しかし、
「新聞広告を持って行けって、
あれだけ言ったのに。大体、
この前、頼んだあれだって、
別の物、買ってくるし……」
と奥さんには、しっかりとばれていたそうです。

友達が3つを試した後に、
どれが一番効いたか聞きたいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

温活を本格的に開始。白湯、温熱サポーター。今年から加わったジンジャーココア。

あるとき、久しぶりに体温を測ったら、35度台。 それに驚いて、体を温める温活を始 …

安倍総理、2017年、「丙酉」の仕事始めの言葉。大塩平八郎の座右の銘「山中の賊(ぞく)を破るのは易(やす)く 心中の賊を破るのは難し」

安倍総理が、2017年1月5日の自民党本部の 仕事始めで、次のような挨拶をしたそ …

秋になると、家の前のおじいさんが毎朝やっていた「焚き火」を思い出す。

小さい頃、実家の前の家は、 道に面した建物の横が、奥の庭につながる 通路になって …

猫、犬などのペット問題。自分が亡き後、どうするか? 万が一の時のための互助組織、サービス。

知合いの同年代の女性。 どちらも高齢の犬と猫を飼っています。 少し前、その彼女の …

健康増進のため知合いがもう1個、買い足したものとは。「温腸活」、朝食に具沢山のスープを。

朝夕、寒さを感じる季節となりました。 ただまだ数日は暑さの揺り戻しがくると 天気 …

マスターズ陸上。75~79歳の部門で3種目の世界記録保持の中野陽子さん、79歳。2016年の東京マラソンで世界記録を狙う。

以前、中野陽子さんという女性を ご紹介したことがあります。 「全日本マスターズ陸 …

喪中はがきで知る友達の母親の逝去。簡素化・希薄化するお葬式。増える偲ぶ会。

年賀状を出さなくなって久しいのですけれど、 知り合い、取引先、知人、友人、親戚な …

原節子さん逝去に感慨ひとしおの母と叔母さん。二人にとって自分の時代を象徴する人物の1人。

今朝、朝食をとりにダイニングに行くと、 下から新聞を持ってきた母と入り口のところ …

春告魚(はるつげうお)。東京湾のエビメバル。相模湾のイワシメバル。ニシン、サワラ、イカナゴ。クギ煮の思い出。

2016年2月9日、日刊スポーツに、 春告魚=メバルの釣りの記事が出ていました。 …

「体は柔らかい? 体が硬いと心も硬くなるよ」とストレッチを勧めてくれた70前の知合い。脚は180度開いて、おでこが床にぺたり。

70歳前の知合いに会いました。 元気で話すスピードも速くて圧倒されました。 握手 …