亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

三谷幸喜氏が講演会の仕事を解禁した理由。あなたは毎日会話していますか? 言葉が出にくくなったことは?

   

朝日新聞夕刊、2017年10月12日、
《三谷幸喜のありふれた生活》は、《ただいまトーク修行中》
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13177154.html?rm=150

を読んで、思わず「そうそう」と
強くうなずいた箇所がありました。

三谷幸喜さんは、
1961年の早生まれですから、
現在、56歳。

次のように書き出しています。

《この歳(とし)にして新たに始めたことがある。講演会である》。

その後、テレビに出演してしゃべることについて記述があります。

本来は、人前で話すのは得意でなく、
(その後さらに「本来の僕は喋(しゃべ)るのが大の苦手」
と重ねて同じ事を記しています。よほど不得意と
自覚されているんでしょうか)
テレビに出るときはかなり無理をしているのだそう。

けれど《映画の宣伝で数多くのテレビ番組に出ていた頃は、
もう少しスムーズに話せていたような気がする》と。

その理由として書かれているのは、
数年前まで清水ミチコさんと出演していたラジオ番組
(J-WAVEで放送していましたね)。

《頭の回転の速い清水さんと定期的に会話することで、
少しずつだが、僕の会話術もアップしていった》と。

残念ながら、その番組も終了。
三谷氏の日常の話し相手は、
稽古場での役者、スタッフの他は、
ほとんど家族だけ。

奥さん、三歳児、そして二匹のイヌ。

と言うわけで、
《機会が減るにつれ、ますます人との会話が億劫(おっくう)になっていった。
ある時、思っていることをすぐに口に出せなくなっている自分に気づいた》。

そう三谷さんが、講演会の仕事を解禁した理由は、
しゃべれなくなり、《人としてダメになる》
という恐怖感からだったようです。

ただ講演会といっても現在は、相手がいるトークショー。
今後さらに慣れれば1人でやってみたい。
目標は綾小路きみまろ師匠とか。

さて上の部分で思い当たることがあるのは、
人との会話が少なくなると、
頭の中の思い、考えをすぐに口に出せないということ。

適切な言葉・表現が出てこず、
長い間があいたり、
しどろもどろになってしまったり
してしまうのです。

あなたはそんなことはありませんか?

特にそれが顕著なのは、一日中、
誰とも会話せず、ひたすらパソコンに
向かっていたり、仕事をした時。

何か書いたり、考えたり、
言葉は使っているのですが、
自分の頭の中や画面上だけで
終わっていると、聞いて理解し、
それに反応して答えるという機能が
劣化してしまうのです。

よく長年連れ添った夫婦は、
会話がなくても意思疎通がはかれる
なんていいますが、言葉を発する
という能力という点では2人とも
ダメになっているのかもしれない
という気がします。

こうした発話能力を衰えさせないためには、
実際に会話するしかないようです。

しかも知らない新たな相手とか、
余り親しくない相手であると
なお良いのではないでしょうか。

慣れていると、上にあげた長年の夫婦のように、
言葉でなくてわかってしまうので。

昔、便利屋さんが高齢者の話し相手
という仕事を始めたら、多くの利用があった
なんてことがニュースになっていました。

その当時は、話し相手がいないと寂しいからかなー
くらいにしか思っていませんでしたが、
そうした精神面とともに、会話能力維持のためにも、
もしかして利用していたのかもしれないと
考えるようになりました。

今後、AIが発達すれば、毎回新たな人格で、
会話を楽しめる時代になるのでしょうか。

そうしたロボット、アンドロイドの出現を
1日でも早く願いたいものです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

この記事が面白い! 「関西では何回生って呼ぶのなんでや? 発祥はあの大学」朝日新聞2017年11月1日。16時26分

自分が大学生の時ですから、 もう相当昔です。 関西の大学に進学した高校の友達と …

知人が新しいマンションに引っ越して、「引きこもり」状態。そのわけは?

知人が新しいマンションに引っ越しました。 その様子を尋ねたら、 「危ない。このま …

夏こそゆっくり動け。無理がないので、体に負担少なく、自律神経のバランスが整うそう。

夏休み、大阪の祖母の家に行ったときのこと。 梅田の映画館で映画を見て、その後、ゲ …

JR東日本の大規模停電に遭遇した知合い。備えの大切さを痛感する。

2017年9月5日午前10時ころ JR東日本の変電所のトラブルで停電が発生。 そ …

「ついになってしまった65歳。悪いことばかりじゃない」と知人。金曜日は銭湯の日。その訳は? シニア割引。

ついこの間、定年になった と思っていた知合い。 先日、あったらもう65歳だそう。 …

「勝って騒がれる力士より、負けて騒がれる力士になれよ」。横綱双葉山の70連勝を阻んだ安藝ノ海に師匠がかけた言葉。

リオデジャネイロ五輪では、 熱戦が続いています。 日本人選手。 実力を発揮した人 …

蓮舫議員、今も日本と台湾の二重国籍? 台湾籍を抜き忘れ? 満18歳で除籍したと答えていたが、台湾では20歳未満は除籍できず。

現在、行われている民進党の 代表選挙に立候補している蓮舫民進党代表代行。 今日2 …

毎日、コーヒーを飲んで大腸がんの発生率を下げる。脳卒中、心臓病の死亡率も下げる。

コーヒーがブームですね。 コンビニコーヒーは瞬く間に浸透しましたね。 誰もが毎日 …

残されたネガフィルムで父母の自分に対する愛を知る。フィルムをデジタル化し始めた知人。

若い方はもしかしたら、 もう見たことがないかもしれません。 昔、写真といえば、フ …

カレーライスの肉の調査。東は豚、西は牛。カレーライスに入れるもの。インドカレー、タイカレー作りのコツ。

お宅のカレーライス。 肉は何をいれていますか? 国内の新聞16紙が読者に 食文化 …