亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

牡蠣、柿、牡蠣フライ。それぞれの「カキ」のアクセント。

   

牡蠣、柿。

どちらも美味しい秋ですね。

2017年11月7日、読売新聞の
4コマ漫画「ゴボちゃん」。

内容は牡蠣と柿の
アクセントについてです。

おばあちゃんと一緒に
鮮魚店、果物店に買い物に出かけた
コボちゃんの妹。

帰ってきて、コボちゃんに
《海のはカ↗キで
くだものはカキ↗ていうのよね》
と話しかけます。
(↗はアクセント)

それを受けてコボちゃんは、
《ああ よく気がついたな えらい》と。

四コマ目は夕食の場面。

妹が
《オー カ↗キフライおいしいー》
と叫びます。

それに対して、コボちゃんは、
《ころもをつけて揚げると
カキ↗フライになるの 日本語は
むずかしいんだから》と諭します。

「牡蠣」は「高低(頭高型)」
「柿」は「低高(平板型)」。

以上は共通語のアクセントですね。

関西圏では、共通語と逆が
一般的かと思います。

それらとは異なるアクセントもあるようです。
地方によって違うんですね。

《かき》
https://ja.wiktionary.org/wiki/%E3%81%8B%E3%81%8D
《日本語教育用アクセント辞典》《「か」で始まる単語》
http://accent.u-biq.org/ka.html

そして最後、コボちゃんが
指摘していた「牡蠣フライ」。

これは、牡蠣フライが
一つの複合語として扱われ、
「牡蠣」単独の場合とは、
アクセントが異なるのですね。

正確にアクセントも含めて、
発音しようとすると難しいですね。

〇「柿食えば鐘が鳴るなり」
〇「柿の種」
〇「生牡蠣」

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

心太には鰹だしという高知県。多様性と柔軟性を学んだ大学1年の夏。

2018年8月、東京は雨続きで、 冷たい物より温かいものという気分です。 暑さが …

味覚を取り戻せ。年配の知合いが行なった数々。

年を取ると、味覚が衰える とよく言われます。 香り、味がわからなくなり、 料理の …

親から譲られた桐箪笥を再生した知合い。20年物ソファーをどうしよう。

お宅には、着物をいれた桐箪笥、 ありませんか? わが家は、母が嫁入り道具として …

体育の日を前に。知合いの高齢者は日常の中で運動。自分よりよほど……。

明日は体育の日。 ニュースで、文部科学省、スポーツ庁が 発表した調査について放送 …

「もしもピアノが弾けたなら」。ある曲を死ぬまでに弾けるようになりたいという知合い。最新の電子ピアノで実現。

昔、西田敏行さんが歌ってヒットした 「もしもピアノが弾けたなら」 という曲があり …

自分の記憶を信じない。仕組みでカバーする。

先日、新聞に全面広告で掲載された 2017年9月5日発売のロッテの 「記憶力を維 …

ある焼き肉店の店主。味のためにどんどん捨てる肉。儲けより信念。誠実さとは。

先日、NHKの番組「プロフェッショナル」で、 山谷のコーヒー豆焙煎、喫茶店のカフ …

「運気が下がることをするな」。知人の古い下着の話で思い出したわが家の教え。

藤村俊二さんが先日、亡くなられました。 友人、知人、肉親の方が、 人となりを語っ …

母の日を前に、青いカーネーション「ムーンダスト」の輸入がピーク。

2015年は5月10日が母の日。 カーネーションの花が花屋さんにあふれています。 …

大暑。7月23日は天ぷらの日。毎月23日も。7月24日土用の丑の日はうなぎ。そして8月29日は焼き肉の日。

毎日、暑い日が続いています。 夏バテしないようになんとかしよう。 それにはしっか …