亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

オロナイン軟膏のCMに出ていた浪速千栄子さんの本名は? 藤原紀香さんのUQモバイルのCM。本名・芸名にちなんでCM出演。

   

今年生まれた赤ちゃんの名前ランキングが
先日、発表されました。
(明治安田生命保険)

男の子は悠真、悠人、陽翔、
女の子は結菜、咲良、陽葵が
上位3位。

読売新聞のコラム「編集手帳」が
この名前ランキングを2017年12月1日の
題材として取り上げています。

面白いと思ったのは、冒頭に記された
名前に関するエピソードです。

昭和30年代のテレビCM。

大村崑さんが出演していた時代劇コメディの
役名が、番組スポンサーの商品の名前である
「尾呂内楠公」であったことを
以前、この編集手帳で紹介したと。

「姓はオロナイン、名は軟膏」
というセリフが決めゼリフ。
(「頓馬天狗」、読売テレビ制作、
1959年9月5日から1960年12月24日まで)

その大村さんが
口惜しい思いをしたとして、
突然のCM降板について書いています。

後任は、女優の浪花千栄子さん。

いやー、懐かしい。
演技力のある名優でしたね。

大村さんは、しばらくして浪花さんの
本名を聞いておどろきます。

《南口キクノ》。

おお。

《なんこうきくの》と読める名前だったんですね。
(「軟膏効くの」。
実際、南口は「なんこう」と読むようです)

コラムはその次に、
《アメリカ先住民のある部族は、
名前の中に天命が隠れていると
子孫に言い伝えるそうである》と。

浪花さんは、まさにオロナイン軟膏の
CMに出てくるべき天命だったのかもしれませんね。

コマーシャルで出演者の名前を
会社名、商品名などにひっかけて
もじるということはよくありますね。

最近だと、藤原紀香さんが出演している
UQモバイルのそれ。

《「紀香の誕生日」篇》

「紀香へ」と「乗りかえ」のダジャレですね。

名前のみで、しかも後ろに一文字ついていて、
完全一致ではありませんので、
「浪花千栄子=南口きくの」には負けますね。

そういえば、松田聖子さん。
本名は別で芸名ですが、
これを決める際、
将来「マツダ」と「セイコー」の
CMに出られるように決めたなんて
噂話を聞いたことがあります。

実際、デビュー後、セイコーのCMに出てましたね。

最近、第一子を出産された相武紗季(あいぶ さき)さん。
芸名=本名の女優さんです。

グラクソ・スミスクライン社の
子宮頸がんの啓発CM
「しきゅうのお知らせ」

保険の先生に扮した相武さんが、
子宮けいがんが20~30代に増えていると、
女子高生に告げます。

しかし学生たちは「だいぶ先じゃない」と。
それに対し、相武さんは
「だいぶ先じゃない」と返答。

「あいぶさき」と「だいぶさき」のダジャレですね。

同じ事をペリー荻野さんが
2年以上前に書いている。

《ペリー荻野のちゃんねる道中》
《つぶやきシロー、郷ひろみ他 芸名で得している芸能人を検証
2015.06.24 07:00》
https://www.news-postseven.com/archives/20150624_331631.html

〇坂下千里子さん。
エステティックサロン 「スリムビューティハウス」のCM。
「バッチリ、チリ脚」。(千里子=ちりこ)

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あなたの心がほっこりすることってなんですか? 「HAPPINESS IS… 幸せを感じる500のこと」。ふわふわのタオル。

夜7時のNHKニュース。 母と一緒に見ていることが多いです。 以前は初めから終わ …

体力測定の結果、体力年齢=実年齢+30歳を嘆く知人。

体育の日の休日。 体を動かされましたか。 この日に、各地で運動会や、 体力に関す …

知人から勧められたゼリー健康法。ゼラチンを買って手作り。良質なタンパク質は高齢者ほど必要。

寒い間は、冷たいものは、 たとえ健康にいいものでも、 なかなかとりにくいものです …

Google Chromeアップデートで、WOWOWのメンバーズオンデマンドが視聴出来なくなる。

WOWOWに加入しています。 見のがした番組、映画などをパソコン、タブレットで …

「ノートルダムのせむし男」問題。劇団四季、2016年12月から「ノートルダムの鐘」を上演。「せむし男」はなぜ消えた。

地下鉄の車内広告に、 劇団四季が12月11日から上演を予定している 「ノートルダ …

ゼロからものを作る番組「ゼロイチ」。手作りの良さ。既製品を買うことで失ったモノ。

日本テレビで「ゼロイチ」という番組を 放送しています。 芸能人が、ゼロからなにか …

夢実現ノート。言語化、視覚化の効果。旅の思い出ノート作りの記事を読んで。

今朝、2016年9月19日の毎日新聞の 《くらしナビ スローライフ》は、 《旅の …

88歳の竹島静枝さん。介護資格を取得。高齢でも介護をする側に回れる。励みになるニュース。

2015年12月18日、朝日新聞の夕刊に、 川崎市に住む竹島静枝さんという女性が …

「いらなくなった本棚、譲ります」と、大量の蔵書を整理・処分した知合い。「本の並びは自分の頭の中の歴史」。

読書週間が始まりました。 最近では、電子書籍が徐々に 普及していているようです。 …

公務員定年65歳へ延長へ。背景には年金支給年齢引き上げが。

今朝2017年9月1日の日本経済新聞に、 公務員の定年を65歳にとの記事が 1面 …