亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

家にカニ詐欺の電話がかかってきた。対応した母は……。

   

2015年7月23日、朝刊に、
カニ詐欺(カニの送りつけ商法)の記事が出ていました。

ご存じでしょうか、このカニ詐欺。
何年か前から話題になっている
悪質な通販の手口です。

電話がかかってきて、脅したり、
だましたり、泣き落としたりなどの手段を使って、
カニを押し売りするというものです。

今日夕方、母と夜のニュースを見ながら、
食事をしていたら、「変な電話がかかってきた」
と話し始めました。

「以前、お買い上げいただいた〇〇水産ですけれど、
すごく上等なカニが今だけのお得な価格で……」
と男性の声で話し始めたそうです。

もちろんこれまで利用したこともない、
知らない会社からの電話でした。

母は、
「いりません。忙しいのでもう電話切ります」
といって、切り上げたとのこと。

新聞記事にありましたが、
こうした勧誘電話は、
あいまいな返事をせず、
はっきりと断ること。

「私では決められない」「今、忙しい」と言って断ると、
また電話がかかってくる可能性があるので、
「必要ないです。もう二度と電話しないでください」
と今後の電話も拒否した方がいいそうです。

母に聞いてみると、こうした電話は結構あり、
以前は、全く知らない会社から羽毛布団の
買い換えの電話があったよう。

高齢者を狙って、様々な電話がかかってきます。
お気をつけ下さい。

国民生活センター
《カニなどの魚介類の送りつけ商法》
http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/kani.html

関連エントリー
《トクダス》
カニ好きな貴方、気をつけて。注文もしてないのに…。「送りつけ商法」で被害続出。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

長嶋茂雄さん「人生は習慣の織物である」。アナウンサー中井美穂さんが30歳の時に贈った色紙の言葉。

2016年7月30日読売新聞に、 第22回口腔保健シンポジウムの様子が 2ページ …

日本酒巡りの達人から教えてもらった福島の「飛呂喜」。ついでのアドバイス「次の機会はほとんど来ない」。

先日、久しぶりにあった知合い。 日本酒の師匠ともいうべき方です。 新潟のご出身で …

「まだいける そう思えるか」「いつでも だれでもラッキーはくる そう思え」。錦織圭が自分を鼓舞する自作の相田みつを風格言。

リオ五輪の男子シングルス準々決勝。 しびれましたね。 世界ランキング7位の錦織圭 …

毎週一度の「食の冒険」。あなたは最近、これまで食べたことがない物を食べましたか?

以前にも書いた覚えがあるのですが、 もう一度、記しておきます。 ある高齢の方から …

「木魚」って何? 何のための道具? なぜ魚の形なの? 日本で作られているのは〇〇県のみ。

あなたは、木魚をご存じですか? 多くの方は一度は見たことあるのでは。 2016年 …

「大番頭」ってどう読みますか? 「おおばんとう」「おおばんがしら」。

「大番頭」。 どう読みますか? 突然、知合いから上の単語を書いた紙を 見せられ、 …

年配の知合いのスポーツクラブの意外な利用目的とは?

年配の知合い。 近所のスポーツクラブの会員となっています。 最近、24時間オープ …

トルストイ「人にはどれほどの土地がいるか」。豊臣秀吉「起きて半畳、寝て一畳、天下取っても二合半」。

小さい時によく見た夢の1つ。 次のようなものです。 きれいな水が流れる小川。 よ …

「縛りを解き放て」。お孫さんの「なんで」攻撃で悟った知人。

お子さん、お孫さんなど、 家族と一緒に過ごすことが多いお正月。 知人のお孫さんは …

お母さんの手作りドーナツ。

ドーナツ、お好きですか? 今、コンビニストアでも売られていますね。 年齢のせいか …