高山に住む母の同級生からの電話。病院で診てもらったら、「栄養失調」だった。

スポンサーリンク
未分類

岐阜県高山市に住む母の同級生から、
母に、2015年11月14日、電話があったそう。

それまで定期的に近況を話していた二人。
母もかけようと思っていた矢先に、
久しぶりにかかってきたそうです。

久しく電話がなかったのは、
同級生が体調を崩していたからでした。

病院に行って調べてもらったところ、
特段、悪いところはなかったのですが、
言われたのは、栄養失調。

そう、最近、話題となっている高齢者の新型栄養失調です。

これは、本人は十分に食べていると思っているのだけれど、
主にタンパク質が不足していて起こる栄養が欠乏した状態のこと。

こうなると、行動する意欲が薄れて、外出が減ったり、
家の中でも動きがにぶります。

タンパク質からなる筋力が少なくなって、
転びやすくなったり、歩く速度が遅くなったりします。

さらに進むと、免疫力の低下し、
風邪などをひきやすくなったり、
他の病気にかかりやすくなります。

ほかに貧血、骨折、心臓病、脳卒中なども。

そして、それがら生じることで、
寝たきりや要介護になるリスクが高まるのです。

母の同級生は、旦那さんをなくし、
お子さんは東京に暮らしていて、
高山に1人暮らし。

なので、食べるものを手近にあるもので
適当に済ませていたんだそう。

そう、朝にお茶にあんぱんとか、
お昼はうどん、夜もあにぎりに漬け物
といった具合です。

自分では量を食べているつもりだったのですが、
量は足りても、タンパク質、ビタミン、ミネラルが
決定的に不足していたようです。

病院に入院し、おかゆからはじめ、
病院食を食べ、養生していったとのこと。

1人暮らしだと食事の準備がおっくうになります。
最近では、栄養を考えて宅配してくれる
食事サービス、お弁当があります。
また食欲がなくても飲める栄養補給食品もあります。

調理がおっくうな場合は、そうしたものを利用するのもいいですね。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント