亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

あなたの利き腕はどちら? 反対側の腕、手は使っていますか? 逆を鍛えると脳を活性化し、認知症予防になるとか。

   

右利きの方、多数派ですね。

事務の仕事をされている方は、
パソコンのキーボードを使い、
文書を作る方が多いと思います。

両手を万遍なく使っていることでしょう。

手書きの際は、おそらく右手で書かれているのでは?
朝の歯磨きは?
ひげそりは?(電動シェーバー、安全カミソリ)
お箸、スプーンは?

改めて調べるまでもないかもしれませんが、
毎日の生活で利き腕を使っていることが
ほとんどではないでしょうか?

以前にも書いたのですけれど、
日常生活の中でその一部をたまに
利き腕と反対の腕で使ってみると、
慣れないことをしていると脳が判断し、
刺激をいつもより感じ、脳を活性化してくれるんだそう。

脳は新しいこと、いつもとは異なる刺激が大好き。
なので、「意識的に」新しいことを取り入れることが、
脳を喜ばせ、より働かせることになるのだとか。

自分は左利きで、モノによって、使い分けをしています。
なので、右利きの方より両手・両腕を偏りなく
使っている方だと思います。
しかし、長年の間に、どの作業、動作にどちらの手を
使うかは固定化しています。

例えば箸は左手ですが、字を書くのは右。
ハサミは左手といった具合です。

こうした日常の動作のうち、例えば、
歯磨きを逆で使ってみる。

初めのうちは、慣れないでとまどい、
いらいらするかもしれません。
ところが、続けているうちに、
慣れてきて、少しずつ上達し、
うまく使えるようになってくるのですね。

年を取るとなかなか体験できない、
出来ないことが出来る喜びを味わえるのです。

他に試してみたのは、ハサミ。
(カッターは危なそうなのでやめました)
日頃、新聞記事を切り抜くのに使うことが多いのですが、
これを左から右に。

初めのうちは、時間もかかって、線に沿ってうまく
切れなかったりしたのですけれど、
1週間ほどで、ようやく慣れてきました。

慣れてきたものの、まだまだ新鮮な感覚は
残っており、ふだん感じたことのない刺激を
感じています。

ふだんと逆の手を使い、日常動作を行ってみる。
脳の活性化はともかくも、その感覚だけでも
味わうために、是非、試してみることをお勧めします。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

非常食や装備。ローリングストック。わざわざ買うより、あるものでなんとかする。毎月少しずつそろえていくという発想。

9月1日。 防災の日ということで、 非常時に備えるための 記事、番組などが目立ち …

「転ばぬ先の杖」。母が杖がほしいと希望したので、買ったら、進歩に驚く。

先日、母が急に、 「なんだか足下が不安になったので、 『転ばぬ先の杖』の言葉通り …

病気にならない歩き方。「1日8000歩、20分の速歩き」。歩数計(活動量計)をつけると体を動かす。

毎日、累計で1時間歩くこと、 体を動かすことを目標にしています。 2015年12 …

認知症発表の大山のぶ代さんが、声優の仕事に復帰。認知症になっても仕事は可能。ケアの重要性。

2015年5月に、夫の砂川啓介さんが、 妻である大山のぶ代さんが 認知症の闘病中 …

「朝起きたら目があかない」。何事と思って近所の眼科医に問い合わせたら……。

あなたは、 朝起きて、目を開けようとして、 目が明かなかったことはありますか? …

ともに70歳過ぎの知人夫妻が、健康のため取り組んでいるスポーツはボウリング。

何年か前にどちらも70歳を超えた 知合いのご夫婦。 体を動かすことがお好きで、 …

貸家札(かしやふだ)は斜めに貼る。その理由は? 亡くなった祖母の説は?

「貸家札」。 ご存じでしょうか? その家が「貸家」で、今、空いている ことを示す …

日課を楽しくこなすための工夫。高齢の知合いが実行している方法。「三日三月三年」。

小さい頃、母・祖母によく言われていた言葉の一つが、 「三日三ヶ月三年(みっか・み …

倉敷の病院の採用試験。米1粒の寿司、15ミリ四方の紙で鶴を折る。15分で、それぞれいくつできるか。

浅草に米一粒のにぎり寿司を握る寿司店があり、 外国人の観光客にも人気だそう。 そ …

お正月だからこそ、ふだん手を抜いていることに手を掛け、時間をかけてみる。

2016年を迎えました。 年々薄れてきているように思えますが、 3が日は、1年の …