亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「ゲスの極み乙女。」「ゲス不倫」「ゲス男」。「ゲス」ってなんだっけ?

   

テレビのワイドショー、週刊誌などで、
最近、目に付くのが、
「ゲス不倫」「ゲスの極み乙女。」
「ゲス男」「ゲスい」。

この「ゲス」が気になったので、
改めて調べてみました。

ゲスは漢字では
「下種・下衆・下主・下司」と書かれるよう。

意味は、「身分や素姓の卑しい人」「召使い」。
他の言葉に言い換えると
「下賤(げせん)」「下臈(げろう)」「下手(げしゅ)」。

また身分にかかわらず、
「品性が下劣・下品であること」、
そうした人、そのようなさまを指します。

「下種」の逆は、「上種(じょうず)」。
「身分の高い人。貴人。上﨟 (じようろう)」

なお特に「下司」と書かれる場合は、
もともとは官職の下のものを指したようです。

「げす」の慣用表現では、

「げすの後知恵」「げすの知恵は後につく」
(下賤の者は、物事が過ぎてから名案が浮かぶ。役に立たないもの)
「げすの一寸のろまの三寸」
(下劣な物は戸を一寸、のろまは三寸開け放す、
気配りして戸・ドアなどを閉めなさいという戒め)
「げすの勘繰り」
(品性が劣る者は、ひがみ、余計な邪推をするもの)
「ゲスの逆恨み」
(下劣なものは、好意ある忠告・助言に対し、
感謝するどころか、かえって恨みを抱くこと)
などがあります。

「ゲスい」は新しい言葉だ
と思っていたのですが、
古くからある言葉のようで、
日本国語大辞典精選版にも掲載されており、
「卑しい」「品性下劣なこと」。

「アイツはゲスい」「ゲスい男」
といった使い方をします。
関西方面の芸人さんが、この言葉をよく使っている
という印象があります。

下種は「げしゅ」とも読む場合があります。

これは仏教用語で、仏・菩薩が衆生に成仏、得道の
種子(しゅうじ)を下ろすこと。信仰の種を衆生に
植え付けること。仏法にはじめて触れる=結縁(けちえん)
する段階をいうそう。主に天台宗で使われるとのこと。

年明けから、
「ゲス」という言葉が飛び交う日本。

2016年は、なんだか気分が良くない年に
なりそうで気分がめいります。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ナス、トマトが美味しい季節。でも食べてのどがイガイガしたり、かゆみ、ありませんか? 隠れアレルギーにご注意。

冷やしトマト、焼茄子。 夏の時期、美味しいですよね。 これらを食べると、体の熱を …

シニア留学が熱い? 観光業界も力を入れる。語学留学を安全に格安にするコツは?

2016年8月29日、朝日新聞に 《熱いシニア留学 観光とセット、業界も商機》 …

体育の日を前に。知合いの高齢者は日常の中で運動。自分よりよほど……。

明日は体育の日。 ニュースで、文部科学省、スポーツ庁が 発表した調査について放送 …

ユナイテッド航空の日本国内の特典航空券が2015年6月2日から片道5000マイルから利用できるように。これまでの半分。

マイレージ制度。 このところずっとせちがらくなって、 利用者にとっては、「改悪」 …

粉末健康法。自家製の粉末緑茶を再び飲み始めました。

以前、別のブログで粉末健康法、 特に粉末緑茶について書きました。 いろいろな食べ …

「干」と「千」。間違いやすいですね。東京メトロ、「北干住駅」と1ヶ月近く間違ったパネルを表示。

海外に行って、ホテル、日本料理のお店などにいくと、 その説明書き、メニューなどに …

日常の小さな贅沢が人生を豊かにする。作家・池波正太郎の母のにぎり寿司。

長時間、パソコンの前座っているせいか、 目が疲れ、背中、肩が張っています。 スト …

自分だけの桜。近所の桜地図、桜マップを。

もうお花見はされましたか? きのう、母は、ある小さな公園の桜を見に行きました。 …

「あずる」。祖母が生前よく使っていた方言。新聞記事を読んで、久しぶりに思い出す。

「あずる」という言葉をご存知でしょうか? 突然この言葉について書き始めたのは、 …

長年続いた近所の中華店が2016年10月いっぱいで閉店。なじみの店がなくなる寂しさ。

先日、母が夕食の時に、 気づいたとして、近所の中華店に ついて話し始めました。 …