亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

血縁、地縁、社縁、学縁。他は? 縁・人間関係を、複数にして、毎日を豊かに刺激を。

   

少し前からよく聞く話ですけれど、
「若い人に友達は何人いる」と尋ねたら、
「400人」とか「1000人」なんて答える子がいる。

上の世代にはちょっと信じられない話ですね。

この若い人の「友達」というのは、
SNS、ネットで知り合ったといっても、
一度も会ったことがない人も含むのだそう。

会社を退職した知合い。

退職する前からわかっていたことですけれど、
実際、退職すると、自社の先輩や同期は除き、
仕事で知り合った人との付き合いは、
ほとんど無くなってしまったのだそう。

けれどそれは織り込み済みで、
以前からそれに備えて準備して良かったと。

退職5年ほど前から、退職準備のための講座で、
講師の人から言われたことを頭に入れ、実行したから。

それは、「血縁、社縁。それ以外の
縁・人間関係をできるだけたくさん作った方がいい」
ということ。
とくに年齢の異なる人たちとの交流をすると良いと。

同世代や近い年代の人たちだけだと、
話はあうけれど、どうしても考えが固定化し、
刺激を受けにくくなるのだそう。

利害関係のない縁をできるだけ作る。
人間関係を作るのは、一朝一夕ではできないので、
自分の興味のある場所・分野からコツコツと始めるとよいと。

また結婚している場合、妻・夫とは
別の人間関係を作るのも大切と。

同じ人間関係だと、やはり似たような人たちばかりと
付き合うようになってしまうから。

知合いは、まず自宅の近所に注目。

区の公園などに花を植えるボランティアが
あることを区報紙で知り、それに参加。

参加者は、若い人は少ないものの、
それまで知り合えなかった比較的ご近所の
様々な職業の人たちと知合いになったそう。

そこから自宅近くの、歴史や店など、
様々な情報を教えてもらったりしたそうです。

他には、ペット仲間。
それまでも犬は飼っていたものの、
ペットショップに連れて行ったり、
散歩などは奥さんの役割で、
犬を飼っているご近所さんは、
ほとんど知らなかったよう。

そこで出社前の早朝、犬を連れて
散歩するようにしたようです。

すると、散歩する道や、公園で、
犬を飼っている方と知合い、話したりするように。

若い世代の方とも知合い、犬を連れて行ける
カフェ、飲食店を教えてもらったりするように
なったとのこと。

社会人向けの講座(語学、歴史、パソコンなど)に
通い、「学友」もできたよう。

パソコンの講座は、意外なことに、若い人も結構いて、
その人たちから、「コワーキングスペース(カフェ)」を
教えてもらい、そこに行ったところ、大きな刺激を受けたとのこと。

付き合う人が変わると、自分も変わる。
新たな縁はその人の新たな一面を開く。

以前にもまして生き生きしている
知合いの顔を見て、そんな思いを
深くしました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あなたの家の家紋は? ずっと間違えて覚えていた自分。十数年前の紋付きを借りる時に確認しびっくり。

あなたの家の家紋、ご存じですか? こんなことを突然、伺ったのは、 少し前になりま …

非常食や装備。ローリングストック。わざわざ買うより、あるものでなんとかする。毎月少しずつそろえていくという発想。

9月1日。 防災の日ということで、 非常時に備えるための 記事、番組などが目立ち …

「一水四見」とは? 置かれた境遇で同じものでも見え方が違う。

医師の海原純子さんのコラム 「新・心のサプリ」、 毎日新聞の2016年3月20日 …

定年を迎えた従兄弟や知合いが最近、行っていること。共通して出てきた言葉は「ボランティア」と「恩返し」。

今朝、ご飯の時に母が、 明日、久しぶりに従兄弟夫妻がやってくる と伝えました。 …

早朝に2日続けて地震。「備えは大丈夫」とメールを送ってくれた福島の知り合い。

2016年11月21日22日と 2日連続で早朝に大きな地震がありました。 地震で …

「ささくれ(さかむけ)は親不孝のあかし?」。コボちゃんを見て、昔、言われていたことを思い出す。

読売新聞の連載4コママンガ「コボちゃん」。 2017年3月17日は「ささくれ」が …

物置の奥に眠っていたオールドレンズを最新のデジカメで生き返らせる。物を生かすマウントアダプターという存在に拍手。

あなたのお家に、昔のフィルムカメラ、 交換レンズは眠っていませんか? じつはわが …

杉良太郎さん、「俺はぼうふら役者」。その意味は? 「ぼうふら野郎」。悪口の裏の優しさ。

少し前のことになりますが、 2015年5月26日付けの日本経済新聞の 「心の玉手 …

ゴミ屋敷寸前の知人の窮状を救った、友達のアドバイスとは?

知合いの年配の女性。 一人暮らしをしています。 悩みは部屋がモノで一杯なこと。 …

母と箱館戦争について語り合う。「幕府方の永井玄蕃頭(げんばのかみ)は、おじいちゃんの……」。

テレビの歴史番組が好きでよく見ています。 先日も、箱館戦争で亡くなった 土方歳三 …