亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

あっぱれな同級生。ひっそりと被災地通い、そして途上国支援を続ける。「陰徳を積む」。

   

明日、3月11日。
東日本大震災から5年が過ぎようとしています。

直接ではないのですが、
同級生Aが同級生Bに連絡をとったところ、
Bが、東北にいることがわかりました。

この時期、毎年のように、
被災地のある場所に通っているのだそう。

Aもそのことは全然知らず、
何度も尋ねてようやく教えてくれたそう。

この時期だけでなく、3ヶ月に一度ほど定期的に
かよっているんだと。

勤めている会社の東北支社にいたことがあり、
そのときにお世話になった人がたくさんいた。
自分に出来ることは少ないが、それでも出来る範囲で
細長く続けようと通っているとのこと。

自分なりの「恩返し」なので、
だれに言う必要もないと、
家族を除き、同級生、会社の人もだれにも
知らせていないと。

同級生ながらなんだかかっこいい。

そういえば、以前ですが、別の同級生Cも、
なんでわかったのか覚えていないのですが、
途上国の子どもを支援するプログラムに参加していました。

これも長い間、親しい友達、知合いはもちろん、
同級生もだれも知りませんでした。

陰徳(いんとく)という忘れかけた言葉があります。
これは、「人に知れないように施す恩徳」のこと。

昔の人は、「陰徳を積む」といい、人知れず、
世のため、人のために何かをしたものです。

そうした人には、陽報(ようほう)=はっきりとした報い
があると言いました。
(「陰徳あれば陽報あり」

同級生二人は、まさにこの陰徳を積んでいるんでしょうね。
というか、他にも、ある裁判の支援を手弁当で行っている人、
高齢者向けの施設の訪問をしている人、
恵まれない、もしくは障害のある子どもたちのための活動をしている人、
数えてみれば私のためでなく、公のために汗を流している同級生が多数。

それに引き換え自分は……と恥じ入るばかり。

ウォーキングの時に、
ゴミの一つでも拾うことから
始めようかなー。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「時間泥棒をするな、許すな」。中学の担任の言葉。知合い。定年したら貴重な時間を一分たりとも泥棒されたくない。

ミヒャエル・エンデの 「モモ / 時間どろぼうとぬすまれた時間を 人間にかえして …

朝日新聞連載の「折々のことば」を毎日書写する知人。読み、切り抜き、書き写し、貼るというアナログな行為が言葉を血肉にする。

以前、このブログで、毎日、筆ペンや筆で、 自分の好きな言葉や偉人の言葉を手書きす …

「柏餅の葉、高くて困った」との記事で思い出す、柏餅の由来話。

まもなくこどもの日、 昔は端午の節句。 この日前後に柏餅をいただきますね。 今日 …

製麺機に負けた蕎麦打ち名人、次はコーヒー豆焙煎機に負ける?

以前、定年前後に始めた蕎麦打ちで、 「名人」と呼ばれるようになった知人が、 ヌー …

家に来ていたつがいのホオジロ。一羽がいなくなり、ひとりぼっち。年を取ると、花鳥風月が心にしみる。

家に少しだけ木が植わっています。 そこに様々な生き物がやってきます。 一番多いの …

青天の霹靂を田植え。霹靂(へきれき)とは? 青森県の米の新品種、2015年秋市場デビュー。

「青天の霹靂」。 後ろの「霹靂」が難しいですけれど、 今では読める人も多いのでは …

自転車で神社巡りをする知り合い。今年の夏は宇佐神宮と大尾神社を訪問。

久しぶりに知り合いとあって話をしました。 夏休み、自転車で尾道から鹿児島まで 旅 …

91歳のアメリカ人男性、死ぬまでにやっておきたかったことを実行。それは……。「バケット・リスト」。

「人生やり残しリスト」というブログを書いています。 始めるきっかけは、映画「最高 …

101歳の写真家・笹本恒子さん。新刊本「好奇心ガール、いま101歳: しあわせな長生きのヒント」と写真展「笹本恒子100歳展」開催。

日本の女性初の報道写真家・笹本恒子さん。 この9月1日で101歳を迎えられました …

100匹の猫がいました。1匹迷子になりました。その猫の毛色は何色? このなぞなぞの答えに納得がいかない。

なぞなぞ、お好きですか? もう今は大きくなってしまったのですが、 甥っ子が幼稚園 …