亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

お母さんが作ってくれたあの梅干しがもう一度食べたい。梅干しを手作りする知合いの男性。梅仕事。

   

まもなく梅仕事の季節。

梅仕事とは、6月ころ、その年に出来た梅を使って、
梅干し、梅酒、梅エキスなを作ることを
こう言うんだそうです。

年配の知合いの方は、数年前から、
梅干し作りを始めたんだそう。

その目的は、ずばり小さい時に
食べていた家庭の梅干しの再現。

ご実家では、代々、女性が梅干しを
漬けていたんだそう。
お母さんが作った梅干しは、塩からく、
酸っぱかったけれど、それはそれは
美味しかったそう。

けれど残念ながら、若くして亡くなったため、
その漬け方を引き継ぐ人が誰もおらず、
家の梅干しは絶えてしまったとのこと。

以来、親戚やご近所さまに分けていただいたり、
市販のものを買ったりしてきたと言います。

それはそれで美味しく、満足していたのですが、
定年を迎え、時間に余裕が出来、
伊豆を旅行した時のこと、ある民宿で朝食に出された
そこの女将手作りの梅干しを口にした途端、
古い記憶が蘇ったんだそう。

その大きさ、食感、しょっぱさ、酸っぱさなどが、
おそらく似ていたんでしょうか?

梅、塩、しそなどの入手方法、作り方を
詳しく伺い、自分で作り始めたそう。

時間はたっぷりあるので、
一つ一つ手を掛けて、ゆっくり丁寧に作ります。

それを食べた同年代の知人らからは、
「昔食べた梅干しの味がする」と
好評なのですが、自分としては今一つ納得がいっていないと。

思い出補正が入り、求めるレベルが相当に
上がってはいると思うのですが、
何かが違うと。

それが何かを考えて、工夫する。
それが楽しいと。
そうしている時、頭の中には、
若いお母さんの後ろ姿が浮かんでいるそうです。

梅干し作りを通じて、今はなく、
お母さんと対話しているのかもしれませんね。

今年は、塩をまろやかにするため、
焼き塩を加えると話してくれました。

どんな梅干しに仕上がるのでしょうか?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

NHK「ファミリーヒストリー」で、鳥越俊太郎氏の家系図に誤り。親戚の叔父さんが家系図、ご先祖様を調査したが……。

NHKの番組「ファミリーヒストリー」。 タイトル通り、有名人の家族の歴史を、 本 …

手書きは脳を活性化。なるべく手書きを増やすために、知合いが取り入れたものは?

漢字を読めるが書けなくなる。 パソコン、スマートフォンが普及して、 そうした人が …

「琴安倍も、私情により引退した」。私情の使い方。「私情により欠席」、使いますか?

2015年5月8日、日刊スポーツの記事の 中で気になった表現・言葉が出てきました …

暖かくなっても「冷え」にはご注意。靴下をはいて、冷たいものを避ける。

暖かいというか、時には 夏のような暑さも感じる季節になりました。 冷たいものが欲 …

温泉地のコンドミニアムで長期滞在を楽しむ知合い。熱海で一泊一人2900円。

先日、70前の知合いに久しぶりに連絡したら、 「現在、熱海滞在中」と返事が来まし …

もう一度食べたい食べ物、料理は? 「あけび」と答えた人を思い出す秋の暮。

秋のこの季節になると、 「あけび」とその人のことを思い出します。 「あけび」は、 …

入浴剤、化粧品作りに精出す知合いのご夫妻。品質最高、お値段格安。

あなたのお宅ではお風呂に 入浴剤をいれていますか? なんらかの入浴剤を使っている …

住宅ローン完済記念日を祝った知人。35年ローンを繰り上げ返済。ライフイベント表の効用。

先日、仕事で知り合って もう30年近くになる知人に会いました。 「いやー、先日、 …

「大番頭」ってどう読みますか? 「おおばんとう」「おおばんがしら」。

「大番頭」。 どう読みますか? 突然、知合いから上の単語を書いた紙を 見せられ、 …

味覚を取り戻せ。年配の知合いが行なった数々。

年を取ると、味覚が衰える とよく言われます。 香り、味がわからなくなり、 料理の …