亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

お母さんが作ってくれたあの梅干しがもう一度食べたい。梅干しを手作りする知合いの男性。梅仕事。

   

まもなく梅仕事の季節。

梅仕事とは、6月ころ、その年に出来た梅を使って、
梅干し、梅酒、梅エキスなを作ることを
こう言うんだそうです。

年配の知合いの方は、数年前から、
梅干し作りを始めたんだそう。

その目的は、ずばり小さい時に
食べていた家庭の梅干しの再現。

ご実家では、代々、女性が梅干しを
漬けていたんだそう。
お母さんが作った梅干しは、塩からく、
酸っぱかったけれど、それはそれは
美味しかったそう。

けれど残念ながら、若くして亡くなったため、
その漬け方を引き継ぐ人が誰もおらず、
家の梅干しは絶えてしまったとのこと。

以来、親戚やご近所さまに分けていただいたり、
市販のものを買ったりしてきたと言います。

それはそれで美味しく、満足していたのですが、
定年を迎え、時間に余裕が出来、
伊豆を旅行した時のこと、ある民宿で朝食に出された
そこの女将手作りの梅干しを口にした途端、
古い記憶が蘇ったんだそう。

その大きさ、食感、しょっぱさ、酸っぱさなどが、
おそらく似ていたんでしょうか?

梅、塩、しそなどの入手方法、作り方を
詳しく伺い、自分で作り始めたそう。

時間はたっぷりあるので、
一つ一つ手を掛けて、ゆっくり丁寧に作ります。

それを食べた同年代の知人らからは、
「昔食べた梅干しの味がする」と
好評なのですが、自分としては今一つ納得がいっていないと。

思い出補正が入り、求めるレベルが相当に
上がってはいると思うのですが、
何かが違うと。

それが何かを考えて、工夫する。
それが楽しいと。
そうしている時、頭の中には、
若いお母さんの後ろ姿が浮かんでいるそうです。

梅干し作りを通じて、今はなく、
お母さんと対話しているのかもしれませんね。

今年は、塩をまろやかにするため、
焼き塩を加えると話してくれました。

どんな梅干しに仕上がるのでしょうか?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症に効果? 夢の薬、物質か、「プラズマローゲン」。日本が精製、実験中。

認知症。 高齢化社会を迎えた日本だけでなく、 世界的にも患者が増えている病気です …

トルストイ「人にはどれほどの土地がいるか」。豊臣秀吉「起きて半畳、寝て一畳、天下取っても二合半」。

小さい時によく見た夢の1つ。 次のようなものです。 きれいな水が流れる小川。 よ …

91歳のアメリカ人男性、死ぬまでにやっておきたかったことを実行。それは……。「バケット・リスト」。

「人生やり残しリスト」というブログを書いています。 始めるきっかけは、映画「最高 …

買った値段以上に処分費がかかった不要品。安物買いの銭失いを体験した年下の知人。

年下の知人が、結婚することになりました。 結婚準備のための引っ越しを 先日、行な …

あなたは、今日で生まれてから何日ですか? 1万日=27歳4ヶ月、2万日=54歳9ヶ月、3万日=82歳1ヶ月。万日を祝う動き。

あなたは、今日が生まれてから 何日目かご存じですか? これまで、生まれてから何日 …

あのプチプチが認知症予防・進行を遅らせるのに効果? 楽しみながらリハビリ「脳活!暇つぶシート 」。

割れ物などを送るときに 包んで割れるのを防ぐ気泡シート。 一般にはプチプチなんて …

LED付きの化粧鏡でよみがえった若さ。目を直し、照明を新しくすると若返る。

1日に鏡で、自分のことを何回見ていますか? 回数が多い人ほど、体も心も若い。 な …

早朝に2日続けて地震。「備えは大丈夫」とメールを送ってくれた福島の知り合い。

2016年11月21日22日と 2日連続で早朝に大きな地震がありました。 地震で …

菊見、菊見酒。菊祭り。父の菊作りから知った一輪を愛でるまでの手間と苦労。

先日、浅草の仲見世の近くに行ったとき、 浅草寺で毎年恒例の「浅草菊花展」が 開催 …

告別式で故人の知られざる善行、社会貢献を知る。「棺を蓋 (おお)いて事 (こと)定 (さだ)まる」。

仕事で長年、お世話になり、 師匠ともいうべき方の告別式に 参列してきました。 そ …