ChatGPTと一緒に自己紹介、動画台本を作った

スポンサーリンク
ニュースな言葉

この記事は、テレビ番組の制作について知りたい人向けです。

この記事の筆者は、30年以上、テレビ・ラジオ番組の制作に携わり、
専門学校で番組の企画、構成を教えてきた人物です。
テレビ番組作りについて知りたい人向けに書いています。

これは《15秒の自己紹介、自己PRで構成の基本を学ぶ》の続編

すでにこのブログでは、自己紹介=自己紹介番組として、自己紹介についての
記事を書いています。この記事はその続編にあたります。
(余りにも長くなったので、別記事にした)
なので、自己紹介、自己PRについて知りたい人は、そちらもお読み下さい。

15秒の自己紹介、自己PRで構成の基本を学ぶ

自己紹介文、自己紹介動画などをChatGPTと作り上げる

上のエントリーを踏まえた上で、自分とChatGPTが対話する形で、
自己紹介文、自己紹介動画(構成表、台本)を作り上げました。

ChatGPTには役割を与えるとよい

生成型AIであるChatGPT。使うにはちょっとしたコツがあるようです。
これまで使ってきた感じたのは、ChatGPTに役割をはっきりと
与えると、良い回答を返す確率が高まるということです。
これは、人間も同じですね。自分がどんな役割、立場なのか。
そCれがわかると、返答しやすいですね。

ChatGPTを就職活動コンサルタントにした

ChatGPTを就職活動をサポートする就職活動コンサルタントにしました。
学生が、就職面接の際に求められる自己紹介について尋ねました。

あなたは、就職活動コンサルタントです。就職活動をしている学生に適切なアドバイスを与えて下さい。面接の時に30秒の自己紹介を求められた学生からの相談です。一緒に30秒の自己紹介を作って下さい。

もちろんです。30秒の自己紹介は、自分をアピールするための貴重なチャンスです。以下のようなテンプレートを参考に、自己紹介を作ってみましょう。

「はじめまして、私は [名前] と申します。 [大学/専攻/学年] の学生です。私は [自分の強みやスキル] を持っています。例えば、 [具体的な実績や経験] があります。将来的には [自分のキャリア目標や志望職種] に挑戦したいと思っています。今回の面接の機会をいただき、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。」

このテンプレートに当てはまるように、自己紹介をカスタマイズしてみましょう。自分自身の個性や強みをアピールすることを心がけ、練習して自信を持って臨んでください。

テンプレートがあるとわかりやすいですね。
このテンプレートはツボを押さえた内容になっています。
これをもとに、入れてみました。(名前などはすべて架空)

就職面接の自己紹介テンプレートで作る ChatGPTが添削

まず自分で作ってみて、それを添削する形です。

次のような自己紹介文を作ってみました。30秒には長いようですが、添削をお願いします。「はじめまして、私は山田太郎と申します。扶桑大学経済学部3年です。私は小さい時からコンピューターが好きで、プログラミングができます。例えば、高校時代には、筋肉トレーニングを最も効果的に行うためのプログラムを自作しました。将来的には この能力を生かし、業務を自動化したり、より想像力が発揮できるプログラムを取り入れたいと思っています。今回の面接の機会をいただき、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。」

ChatGPTは、これをどのように評価し、添削するのでしょうか。

作成された自己紹介文について添削を行います。以下は修正点です。

修正前:「私は山田太郎と申します。扶桑大学経済学部3年です。」

修正後:「はじめまして、私は山田太郎と申します。扶桑大学経済学部の3年生です。」

修正理由:紹介する大学名は必ず修飾語としてつけることが望ましいため、大学名に修飾語「の」を加えました。

修正前:「私は小さい時からコンピューターが好きで、プログラミングができます。例えば、高校時代には、筋肉トレーニングを最も効果的に行うためのプログラムを自作しました。」

修正後:「コンピューターが好きで、高校時代からプログラミングを行っており、筋肉トレーニングを最も効果的に行うためのプログラムを自作した経験があります。」

修正理由:冒頭で「コンピューターが好き」ということが述べられているため、それを強調する形で文を構成し直しました。

修正前:「将来的には この能力を生かし、業務を自動化したり、より想像力が発揮できるプログラムを取り入れたいと思っています。」

修正後:「将来的にはこの能力を活かして、業務の自動化やより想像力を発揮できるプログラムを開発することを目指しています。」

修正理由:内容は変更していませんが、文章をスムーズに読めるように修正しました。

修正後の自己紹介文:「はじめまして、私は山田太郎と申します。扶桑大学経済学部の3年生です。コンピューターが好きで、高校時代からプログラミングを行っており、筋肉トレーニングを最も効果的に行うためのプログラムを自作した経験があります。将来的にはこの能力を活かして、業務の自動化やより想像力を発揮できるプログラムを開発することを目指しています。今回の面接の機会をいただき、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。」

以上の修正点を参考に、自己紹介文を修正してみてください。

なるほどと思える修正理由もありますが、修正後、一文が長すぎると思える場所も。
《「コンピューターが好きで、高校時代からプログラミングを行っており、
筋肉トレーニングを最も効果的に行うためのプログラムを自作した経験があります。》
これは、長いので、2つの文に分けた方がよいと私は、考えます。

自己紹介動画作りのコツについて尋ねてみた

少し条件を加え、この自己紹介を動画にするには、
どうしたら良いのか、聞きました。
最近の就活では、自己紹介、もしくは自己PRを
動画にすることを求められることが多いです。

ありがとうございます。志望している会社はテレビ番組、ネット動画を制作している会社です。自己紹介を動画にすることを求められています。以下のような自己紹介をどのように動画にしたらいいのでしょうか。「はじめまして、私は山田太郎と申します。扶桑大学経済学部の3年生です。コンピューターが好きで、高校時代からプログラミングを行っており、筋肉トレーニングを最も効果的に行うためのプログラムを自作した経験があります。将来的にはこの能力を活かして、業務の自動化やより想像力を発揮できるプログラムを開発することを目指しています。今回の面接の機会をいただき、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。」

ChatGPTはどのようなアドバイスをくれたのでしょうか。

動画にする場合は、以下のようなアプローチが考えられます。

  1. 背景に会社の制作物を映し出す 最初に、応募者が志望する会社が制作したテレビ番組やネット動画のシーンを背景に映し出します。これにより、応募者がどのような業界に興味を持っているかを視聴者にわかりやすくアピールできます。
  2. 自己紹介を文字や音声で表現 その後、応募者の自己紹介を文字や音声で表現します。例えば、自己紹介文を字幕として表示する方法や、応募者が自分で声を録音する方法が考えられます。このとき、テンポや声のトーンにも注意して、魅力的な動画に仕上げましょう。
  3. 実際にプログラムを実行するシーンを挿入する 自己紹介の中で、応募者がプログラミングで何か実現した経験を語っている場合は、そのプログラムを実際に動かすシーンを挿入すると良いでしょう。これにより、応募者の能力や技術力がより具体的にわかるようになります。
  4. 締めくくりのメッセージ 最後に、応募者が志望する会社で働きたい理由や、自分がこの仕事で何を実現したいかを簡潔にまとめたメッセージを挿入しましょう。このメッセージが視聴者の印象に残るように工夫することが大切です。

以上のようなアプローチで動画を作成することで、応募者の魅力を効果的にアピールできるでしょう。

動画の一連の流れ、構成とそれぞれのパート(コーナー)で、
示すと良い映像、素材が示されています。
なかなか良いアドバイスですが、一般的ですね。
この応募者に沿った具体的な内容を聞いてみましょう。

応募する会社の情報。そして自分の情報を示します。

志望している会社は、「食べ物バンザイ」という高視聴率をとっているグルメ番組を20年以上、制作しています。また最近は、全国の農産物、加工品の生産者を紹介する「黄金の逸品 私が作っています」というネット動画を制作しています。2の「「はじめまして、私は山田太郎と申します。扶桑大学経済学部の3年生です。」では、私が述べるだけでなく、大学や教室の映像も入れた方がよいですか。3の自作のプログラミングですが、実際のソフトの画面、動く様子をキャプチャーします。またモニター前で私がプログラミングする様子を撮影し、使います。最後は、再び私自身が「将来的にはこの能力を活かして、業務の自動化やより想像力を発揮できるプログラムを開発することを目指しています。」と話している映像にします。コレラに対するアドバイス、また他に使えそうな素材はありますか。

こうした情報を与え、自分なりの考えも入れて、
アドバイスを求めました。

自己紹介動画に使える素材としては、以下のものが考えられます。

  1. 山田さんがプログラミングを行っている様子を撮影した映像
  2. 山田さんが生産者を訪ねるというイメージを表現した映像
  3. 「食べ物バンザイ」と「黄金の逸品 私が作っています」の一場面を紹介する映像
  4. 山田さんが提案する業務自動化のイメージを表現した映像
  5. 山田さんがプログラムで開発したアプリやWebサイトを実際に操作している映像

大学や教室の映像は、学生としての経験をアピールするためには有効な素材ですが、コンピューターを扱っているという点をアピールするためには、1や5のような実際の作業を撮影した映像の方が効果的でしょう。また、生産者を訪ねるイメージや、「食べ物バンザイ」や「黄金の逸品 私が作っています」の一場面を紹介する映像は、志望している会社の業務内容に触れることができ、印象に残る素材となるでしょう。最後に、山田さんが提案する業務自動化のイメージを表現した映像を加えることで、将来的なビジョンについてもアピールすることができます。

実際には、使えない素材(制作会社の制作している番組の映像)も
ありますし、すべてが正しいという訳ではありませんが、
参考になるアドバイスをしています。
取り入れてよいでしょう。

短い動画でしたら、すぐに映像を作ってもいいのですが、
一般的なテレビ番組と同様に、構成表、台本を作って
みましょう。
これもChatGPTにアドバイスを求めました。

動画の構成表、台本のアドバイスを求める

自己紹介動画の構成表や台本は、次のような形式で書くことができます。

【構成表】

  1. オープニング:タイトルやイントロダクションの映像を流す。
  2. 自己紹介:自己紹介文を読み上げるシーンを撮影する。
  3. 大学紹介:大学や授業の映像を使って、学生生活を紹介する。
  4. プログラミングの紹介:自作のプログラムを紹介するシーンを撮影する。
  5. 将来の目標:将来の目標を述べるシーンを撮影する。
  6. エンディング:挨拶や連絡先を表示するシーンを撮影する。

【台本】

オープニング:

  • タイトル「山田太郎の自己紹介」の表示
  • BGM「山田太郎のテーマ」の再生

自己紹介:

  • 山田太郎が立って、カメラ目線で自己紹介をする
  • 「はじめまして、私は山田太郎と申します」と言う
  • 自己紹介文を読み上げる

大学紹介:

  • 大学キャンパスの映像を表示する
  • 授業の様子や学生生活を紹介する

プログラミングの紹介:

  • プログラミングの映像を流す
  • 自作のプログラムの画面をキャプチャーする
  • 山田太郎がプログラムを説明する

将来の目標:

  • 山田太郎が将来の目標を説明する

エンディング:

  • 「ありがとうございました」と挨拶する
  • 連絡先やポートフォリオの表示

それなりの構成表、台本ですが、不十分な所も
多々ありますね。
ただ、人間が書く時の下地として参考にはなりそうです。
また上のようにべた書きは実務では、ほぼ使われないので、
表形式での構成表、台本にすることをもとめました。

その際の指示は、以下のようにしました。

志望している会社は、構成表、台本は、表形式で書くようにとのことです。左からナンバリング、映像、音声、そして時間です。映像の項目には、コーナータイトル、使う素材、そして音声は、そのコーナーで流れる音声、内容です。構成表と台本を見せて下さい。

この指示に対し、次のように返してきました。

構成表の例:

ナンバリング映像音声時間
1オープニング映像オープニングテーマ曲0:00-0:10
2自己紹介ナレーション、山田太郎の声0:11-0:30
3大学紹介大学の校舎や教室の映像0:31-0:45
4自作プログラム紹介プログラムの画面や山田太郎のプログラミングの様子0:46-1:10
5将来の目標紹介山田太郎の話す映像1:11-1:20
6エンディング映像エンディングテーマ曲1:21-1:30

台本の例:

【オープニング映像】 (画面には食べ物の映像が流れている) ナレーション: こんにちは、今回は「食べ物バンザイ」のオーディションに応募する山田太郎さんの自己紹介動画です。 (オープニングテーマ曲が流れる)

【自己紹介】 山田太郎: はじめまして、私は山田太郎と申します。扶桑大学経済学部の3年生です。 (映像は山田太郎の顔がアップに映される) コンピューターが好きで、高校時代からプログラミングを行っており、筋肉トレーニングを最も効果的に行うためのプログラムを自作した経験があります。 (映像はプログラムの画面と山田太郎がプログラミングする様子を交互に映す) 将来的にはこの能力を活かして、業務の自動化やより想像力を発揮できるプログラムを開発することを目指しています。 (映像は再び山田太郎の顔がアップに映される)

【エンディング映像】 (画面には食べ物の映像が流れている) ナレーション: 以上、山田太郎さんの自己紹介動画でした。 (エンディングテーマ曲が流れる)

台本の方が表形式になっていませんね。
またそれぞれの項目に入れる内容も
間違っていたり、不十分です。
そこは少し置いておいて、台本を表形式にするよう
求めました。

以下が、台本の例です。

ナンバリング映像音声時間
1オープニング映像オープニングのテーマ音楽00:00-00:05
2山田太郎の自己紹介山田太郎の声00:05-00:15
3大学の映像山田太郎の声00:15-00:20
4自作のプログラムの映像山田太郎の声00:20-00:30
5山田太郎のプログラム開発に対する意気込みの映像山田太郎の声00:30-00:40
6エンディング映像エンディングのテーマ音楽00:40-00:45

以上のように、映像と音声の内容を詳細に記載し、時間も細かく分けて表形式でまとめます。

これはちょっとダメですね。このままでは使えません。
ここで、別の要素を出して、新たな自己紹介、動画を
作るよう指示しました。

この志望者には、こんな属性があります。

私は、食べることが好きで、高校、大学の7年間で、およそ1000軒近くのレストラン、カフェなどを回り、データベース化しています。この制作会社を志望したのは、グルメ番組「食べ物バンザイ」を制作しているからです。この番組またグルメをテーマにした番組を作りたいと思ったからです。例えば、コンピュータのプログラミングにかわり、このグルメ、食べ歩きの要素を入れた自己紹介は有効ですか。その場合の自己紹介はどうしたらいいでしょうか。

これに対する反応は。

グルメに関するデータベースを持っているということは、グルメに関する知識や情熱を持っているということをアピールできる素晴らしいポイントです。自己紹介にグルメや食べ歩きの要素を入れることで、自分自身の魅力をアピールすることができます。

例えば、以下のような自己紹介が考えられます。

はじめまして、私は山田太郎と申します。食べることが大好きで、高校から大学までの7年間で、およそ1000軒近くのレストランやカフェを回り、データベース化してきました。その中で、美味しい料理やオシャレな店舗を発見することが大好きで、その情熱を生かしてグルメ番組を制作することを目指しています。コンピュータのプログラミングにも興味があり、最近は食べ歩きのデータベースを活用したアプリの開発を始めました。この能力を活かして、より多くの人に美味しい料理やオシャレなお店を紹介する番組を制作していきたいと考えています。今回の面接の機会をいただき、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

このように、自分自身のグルメに関する知識や情熱、またそれを活かすための能力や取り組みをアピールすることで、志望する会社にとって魅力的な人材としてアピールすることができます。

こちらが書いていない、与えていない情報も作っていますね。
まあそれはいいとして、完全に30秒という制約を忘れています。
構成表と台本です。なおはじめの指示では、台本が表形式に
ならなかったので、改めて指示。それを表示しています。
なかの描き方は、頂けません。

以下は、上記の自己紹介を元にした自己紹介動画の構成表と台本の例です。

【構成表】

ナンバリング映像音声時間
1自己紹介画面自己紹介0:00
2山田さんの食べ歩きデータベースBGM(軽快な音楽)0:10
3美味しい料理の映像山田さんの解説0:20
4オシャレな店舗の映像山田さんの解説0:40
5アプリ開発の映像山田さんの解説1:00
6自己紹介画面山田さんの締めの言葉1:20

【台本】

自己紹介動画の台本の例です。

ナンバリング映像音声時間
1タイトルナレーション0:00 – 0:05
2自己紹介山田太郎0:06 – 0:20
3データベース化したレストランの画像山田太郎0:21 – 0:30
4ナレーションデータベース化したレストランの数について0:31 – 0:40
5データベース化したカフェの画像山田太郎0:41 – 0:50
6ナレーションデータベース化したカフェの数について0:51 – 1:00
7ナレーション美味しい料理やオシャレな店舗を発見する情熱1:01 – 1:10
8ナレーショングルメ番組を制作する目的について1:11 – 1:20
9ナレーションアプリ開発について1:21 – 1:30
10タイトル今後の抱負について1:31 – 1:35
11自己紹介山田太郎1:36 – 1:45

※ 時間はあくまでも目安で、実際の動画の長さに合わせて調整する必要があります。また、映像の項目には、各シーンで使用する映像素材の詳細も追加することが望ましいでしょう。

何度も書きますが、これでそのまま通用する台本にはなっていません。
修正する部分を指摘して、やり直しさせればいいのですが、
ChatGPTは、その修正が苦手らしく、全く新しいものを
出してきます。
ChatGPTの使い方の課題です。
なおビーイングのAIチャットは、この修正を
しっかりと行います。

以上で一区切りにして、実際の面接時の注意を聞きました。

実際の面接時の注意点は

実際の面接の時の自己紹介で注意する点を教えて下さい。

実際の面接で自己紹介をする際には、以下の点に注意すると良いでしょう。

  1. 目線を合わせる 面接官の目を見て話すことで、自信や誠実さをアピールできます。そのため、自己紹介をする際には、常に面接官の目を見て話すように心がけましょう。
  2. 短くまとめる 自己紹介はあくまでも自己アピールのためのものであり、面接官の興味を引くために、簡潔にまとめることが重要です。あらかじめ時間を決めておき、その時間内でまとめるようにしましょう。
  3. 強みをアピールする 自己紹介では、自分がどのような人物であるか、どのようなスキルや経験を持っているかをアピールすることが大切です。自分の強みを明確に伝え、その強みを活かして貢献できることをアピールするようにしましょう。
  4. ポジティブに話す 面接では、ポジティブな印象を与えることが大切です。自己紹介でも、自分が何かを成し遂げたときや、学んだことがあるときなど、ポジティブな要素を積極的にアピールするようにしましょう。
  5. 相手に興味を持ってもらう 自己紹介では、相手に自分に興味を持ってもらうことが大切です。自分がどのような人物であるかを具体的に説明するだけでなく、面接官に質問を投げかけたり、相手の話に耳を傾ける姿勢を示すことで、相手に好印象を与えることができます。

質疑応答の注意点、想定問答も作ってみた

自己紹介の後には質疑応答があるとして、
その際の注意点、実際の想定問答を尋ねました。

質疑応答の対策には、以下のようなポイントがあります。

  1. 事前に予想される質問を考えておく 面接で聞かれそうな質問を予想し、それに対する答えを考えておくことが大切です。自分の経験やスキル、志望動機、強みや弱みなどについて、具体的なエピソードを交えて答えられるように準備しましょう。
  2. 自分の強みを伝える 質疑応答の中で、自分の強みをアピールすることが大切です。過去の経験やスキル、人柄などを具体的に伝え、それがどのように仕事に生かせるかを説明しましょう。
  3. 質問に対して冷静かつ明確に答える 質問に対して、冷静かつ明確に答えることが求められます。焦ったり、うろたえたりすると、印象が悪くなってしまいます。質問内容をしっかりと理解し、必要ならば再確認してから、落ち着いて答えましょう。
  4. 相手の目を見て話す 質疑応答の中で、相手の目を見て話すことが大切です。目を合わせることで、自信や誠実さが伝わります。また、相手の話を聞く際にも、目を合わせて注意深く聞くようにしましょう。
  5. わからないことは素直に答えられるようにする 質疑応答の中で、わからないことがあった場合は、素直に答えられるようにしておくことが大切です。答えがわからないということを隠そうとすると、印象が悪くなってしまいます。適切な答えを返すために、必要ならば相手に質問を返すこともできます。

実際の想定問答です。私がこれまでに示した
情報から、質問を考えます。

いくつかの質問の例を挙げてみます。

  1. 食べ歩きをしている中で、特に印象に残っているお店や料理はありますか?それについて詳しく教えてください。
  2. グルメ番組の制作にあたって、どのようなアイデアやコンセプトを持っていますか?
  3. 食べ歩きのデータベースを活用したアプリ開発について、具体的な開発内容やアプリの機能について教えてください。
  4. 1000軒近くのお店を回った経験から、お店選びのポイントや美味しいお店を見つけるためのコツなどはありますか?
  5. グルメ番組を制作するにあたり、どのような制作チームやスタッフを想定していますか?また、どのような人材が必要だと思いますか?

これらの質問に対して、事前に自分自身の考えや経験を整理し、答えを用意しておくと良いでしょう。ただし、自己紹介の内容から別の質問が出ることもあるため、幅広い視野で準備することが望ましいです。

モノの利用

面接の自己紹介の際に、モノを利用することについて
聞きました。

面接に当たって、例えば、食べ歩きを記した手帳、写真などモノを持っていくことは有効ですか。

はい、持参することで自己紹介や回答にアクセントをつけることができる場合があります。例えば、食べ歩きを記した手帳や写真を見せることで、自分の情熱や経験を具体的にアピールできます。ただし、あまりにも多くのモノを持ちすぎると、場所を取るだけでなく、面接官の印象を悪くする可能性があるため、適度に持ち物を選ぶことが大切です。また、持参するモノには、面接での使用に合わせてきれいに整理し、わかりやすく説明できるようにすることが重要です。

こうした演出は効果的ですが、数を絞る、相手や状況で
使うか使わないかを判断することも重要ですね。

有名人の名前を借りるべきか 

相手に印象づけるためのテクニックとして、
有名人、よく知られた場所などを利用する
というやり方があります。

私は、大リーガーの大谷翔平さんの母校花巻東高校の出身です。また宮沢賢治の故郷豊沢町で生まれ育って今宇。こうした要素は自己紹介や面接で話した方がいいですか。

大谷翔平さんや宮沢賢治といった有名人にゆかりのある場所や学校に出身であることは、あなた自身のアピールポイントとして使うことができます。ただし、その出身地や学校がどのような影響をあなたに与えたのかを具体的に示し、それが今後の職務にどのような影響を与えるかを明確に説明する必要があります。また、その話題が面接官との共通点を見つけるために有効であるかどうかは、面接官の個人的な趣味や背景によって異なるため、事前に調べておくことは難しいかもしれません。したがって、自己紹介や面接で話すかどうかは、あなた自身がその話題に対して自信を持っているかどうか、そしてその話題がどのようにあなたの強みをアピールすることができるかをよく考えて決めることが重要です。

ゼミの選抜試験の自己紹介

これまでは、就職面接の話でした。今度は、
大学のゼミ選抜の自己紹介について質問しました。

実は大学のゼミに入るための選抜面接があります。面接するのは、大学の田中一郎教授です。法哲学が専門で、1年の時に大教室で受講したことはありますが、個々でお目に掛かったことはありません。ゼミ選抜の時の自己紹介、どのようにしたらいいですか。

大学のゼミ選抜面接では、自己紹介のほかに、専攻や研究テーマ、志望動機、今後のキャリアプランなどが重要なポイントとなります。以下は、ゼミ選抜面接での自己紹介の例です。

「はじめまして、私は○○大学××学部××学科の〇〇と申します。高校時代は文系の方に興味を持ち、大学では法哲学に魅了され、この専攻に進学しました。この専攻に興味を持ったきっかけは、1年の時に大教室で受講した田中教授の授業でした。当時から、法哲学の論理的思考や深い洞察力に感銘を受け、研究について学びたいと思い、ゼミに参加したいと考えています。

また、私は法哲学の分野において、特に人権や社会正義の問題に興味を持っています。これまでに、自分なりに独自の視点から社会問題を考察し、解決に向けてアイデアを出すための知識やスキルを身につけてきました。ゼミに参加することで、自分のアイデアを深め、実現するための力をつけたいと思っています。

将来的には、○○という職種で活躍することを目指しています。そのためには、専門的な知識だけでなく、幅広い視野やコミュニケーション能力が必要だと考えています。ゼミを通じて、多様な視点を持った人たちと議論し、深い考察を共有できる場を得ることが、将来のキャリアにつながると思います。

以上が私の自己紹介でした。何かご質問がありましたら、お答えいたします。」

先ほどの就職活動の時の内容と異なりますね。
ただこの紹介文には疑問もありましたので、
それを指摘しました。

同じ大学同じ学部の教授に、大学名学部名学科名を告げる必要はありますか。

ゼミ選抜の場合、通常は同じ大学の同じ学部の教授であるため、大学名や学部名を伝える必要はありません。しかし、教授が異なる場合や、面接が他の大学で行われる場合は、大学名や学部名を伝えることが適切です。また、受けるのは法哲学のゼミ選抜の場合、法哲学に関する知識や興味をアピールすることが重要です。

アルバイト先での自己紹介

続いて、今度はアルバイト先での自己紹介について。
当然、上二つとは異なってきますね。

4月から、アルバイトも始めます。食べるのが好きなので、大学近くのカフェに採用されました。まもなく初めてのアルバイトなのですが、そこでの自己紹介はどうすればいいですか。

アルバイト先での自己紹介は、まずは笑顔で元気よく挨拶することが大切です。次に、自分の名前とアルバイトに入る学部や学科、大学名を伝えましょう。その後、今回のアルバイトに対する意気込みややる気を示す言葉を添えると良いでしょう。例えば、「初めまして、私は山田太郎と申します。〇〇大学〇〇学部〇〇学科の学生です。こちらのカフェで働くことがとても楽しみで、お客様に美味しい飲み物とお菓子を提供することができるよう、一生懸命頑張ります」と言うと良いでしょう。ただし、相手やシチュエーションによっては、自己紹介に関して簡略化することもありますので、状況に合わせて柔軟に対応することが重要です。

キャッチフレーズで印象づける

あだ名、キャッチフレーズは、短い表現で、
相手をひきつけることができます。
それについて聞いてみましょう。

私が高校時代に、クラスメートや部活の友達からは、「グルメ太郎」と呼ばれていました。こうしたあだ名や、キャッチフレーズを自己紹介の時に伝えることは有効ですか。

あだ名やキャッチフレーズは、あなたの印象を強めるために有効なツールとなり得ます。ただし、面接やアルバイトの自己紹介など、場によっては適切でない場合もあります。例えば、あだ名が失礼に当たる場合や、キャッチフレーズが業務内容や職種にそぐわない場合などは、控えるべきです。また、あだ名やキャッチフレーズを使う際には、それが自己紹介に必要不可欠なものではないことを忘れずに、自己アピールの一つとして適切に活用することが大切です。

大学の先輩が去年、面接で「自分をあらわすキャッチフレーズ」を求められたそうです。もしあなただったら、私のキャッチフレーズをどのようにしますか。

キャッチフレーズはあなた自身をアピールするための簡潔で印象的なフレーズです。あなたが食べ歩きを趣味としているのであれば、「食べ歩きのプロ」というキャッチフレーズが考えられます。あだ名の「グルメ太郎」と組み合わせて、「グルメ太郎こと食べ歩きのプロ、○○と申します」という風に自己紹介をすることができます。ただし、あくまでもキャッチフレーズは自己アピールのためのものであり、面接官に不快感を与えないように注意しましょう。

プログラミングも得意なので、そちらの方のキャッチフレーズはどのようにしたらいいですか。

プログラミングに関するキャッチフレーズを考える場合は、以下のようなポイントに注意すると良いでしょう。

  1. 簡潔で覚えやすい
  2. 自分のスキルや強みを表現する
  3. クリエイティブでアイデアがあることをアピールする

例えば、以下のようなキャッチフレーズが考えられます。

  • 「デジタル世界を創る、プログラミングエンジニア」
  • 「コードを書き、未来を創るプログラマー」
  • 「アイデアを形にする、プログラミングクリエイター」
  • 「プログラミングの世界で、無限の可能性を追求する」
  • 「コンピューターの言語で、世界を変えるチャレンジャー」
  • 「プログラムを組むことで、未来をデザインする」

ただし、自分自身がどのようなスキルや強みを持っているかを考え、その特徴を生かしたキャッチフレーズを考えることが大切です。

キャッチフレーズを使うかどうか。
作る場合のコツを教えてくれました。
作ってくれたそれは、ちょっと長い気がしますけれど。

ChatGPTがテレビ番組制作に役立つか尋ねた

これまであげたように生成型AIはテレビ番組の
制作に役立つのは明らかですが、ここからは、
どう役立つか、具体的な情報提供を求めました。

志望会社が制作している「食べ物バンザイ」。新たなアイデア、演出を求められています。最近、話題のフードテックや、新たな食の動きを提案したいのですが、アイデアはありますか。

ありがとうございます。いくつかのアイデアをご提供いたします。

  1. AIが使われたレストラン: テーブルに設置されたタブレット端末から、ChatGPTによるおすすめメニューを提案する仕組みを導入することができます。また、注文したメニューに関するフィードバックをユーザーから収集し、今後の改善点に反映することができます。
  2. フードテックのアイデア: フードロス削減のため、残った食材を活用したメニューを提供することができます。また、バーチャルキッチンを導入し、レストランの店舗を持たずにオンラインで注文を受け、自宅に配達することができます。
  3. 食と健康に関するアイデア: 健康的な食事を提供することで、健康志向の顧客にアピールすることができます。例えば、高タンパク低糖質メニュー、ベジタリアン向けメニュー、アレルギー対応メニューなどを提供することができます。
  4. ユニークな演出のアイデア: 例えば、料理の提供方法を変えることで、顧客に驚きを与えることができます。例えば、テーブル上に「木箱」が運ばれ、開けると煙が出てきて、中には料理が入っていたというような演出を取り入れることができます。

以上、いくつかのアイデアを提供いたしました。ご参考になれば幸いです。

AIが人間では考えつかない食材を組み合わせて、新しい料理を作ることが出来ると聞きました。詳しく教えて下さい。


AIが人間では考えつかない食材を組み合わせて新しい料理を作るという技術は、「Computational Creativity(計算創造性)」と呼ばれています。

具体的には、AIが数百万ものレシピデータを解析し、その中から特徴的なパターンを見つけ出し、新たな組み合わせを提案することができます。また、AIは味の相性や栄養バランスなどを考慮してレシピを作成することも可能です。

ただし、AIが作り出した新しい料理が、人間が実際に食べて美味しいと感じるかどうかは別の問題です。人間が好む味覚や食文化は多様であり、それらを正確に再現することは容易ではありません。AIが提案する新しい料理を試食し、人間が好む味に調整する必要があるかもしれません。

これまでその技術でどんな新しいレシピ、組み合わせができましたか。具体例があれば教えて下さい。

AIによる食材の組み合わせに関する研究や実験は、まだ比較的新しい分野であり、まだ多くの可能性が未開拓の状態です。しかし、最近の研究では、AIが提案する独創的なレシピや食材の組み合わせに対して、多くの人々が高い関心を寄せています。

例えば、日本の大手食品メーカー味の素が行った研究では、AIが提案した「カボチャとプリンの組み合わせ」や「カレーとチーズケーキの組み合わせ」などの斬新な組み合わせが、実際に調理してみると美味しかったという報告があります。

また、スウェーデンのスタートアップ企業TasteUnitが開発したAIによる新しい食材の組み合わせでは、魚のアンチョビを使ったバナナのスムージーや、アボカドを使ったラズベリーソースが提案されています。

これらの例からも、AIが提案する食材の組み合わせには、人間が思いつかなかったような斬新なアイデアが存在することが分かります。しかし、美味しさや健康面などに配慮した実用的なレシピについては、まだ課題が残されています。

裏をしっかりと取っていませんが、
これが正しい情報であれば、かなり
有用ですね。

このやりとりを参考にあなたも自己紹介をAIと作成

ChatGPTを対話相手にして、あなたも就活などの自己紹介を
作り上げて見て下さい。
細かく情報、具体的な指示を与えると、
よりよい回答が返ってきます。
気に入らなければ、何度でも繰り返して下さい。
相手はAI。
決して疲れたり、あきたり、怒ったりすることはありません。
(BingのAIチャットは時々、ギブアップするが……)

この記事の画像は、すべて画像生成AIが作ったものです。
Stable Diffusion (無料、登録不要、商用利用可能)
https://stablediffusionweb.com/

created by Rinker
インプレス
¥1,650 (2024/05/28 02:29:48時点 Amazon調べ-詳細)
プロフィール
この記事を書いた人
niki

35年以上にわたり、TV、ラジオ、
イベント制作に携わる。30年余
り、放送関係の専門学校講師を
勤め、企画書、台本の書き方を
教える。10年余りホテルの食に
関するHPの制作、コンサルタ
ントも、行う。新聞は小学4年生
から読み始め、多い時には13紙
を愛読。
ブログ「トクダス」
https://nikitoki.blog.ss-blog.jp/
ブログ「人生やり残しリスト」
https://yarinokoshi.blog.ss-blog.jp/

nikiをフォローする

Amazonサーチ
ニュースな言葉企画の種の育て方
スポンサーリンク
シェアする
nikiをフォローする

コメント