ニュースな言葉。「オーバーシュート」。

スポンサーリンク
ニュースな言葉

2020年3月19日、新型コロナウイルスに関する
政府の専門家会議の会見で出てきた言葉が、
「オーバシュート」。

オーバーシュートovershootは、
一般的には通り越す、行き過ぎる、
名詞形は通り過ぎることという意味。

専門家会議では、爆発的な感染患者急増
という意味で使っているようです。

これまで「オーバーシュート」を
聞いたことがあるのは、まず航空業界。

飛行機が、接地点を飛び越えて着陸することを言います。

もう一つ、聞いたことがあるのは、株式の業界。
今回の新型コロナウイルス騒ぎで世界各国の
株式相場は乱高下しています。

そうした時、相場はパニックとなり、
より増減の幅が大きくなりがちです。

また普段の相場でも、ある銘柄に、
スキャンダル、不正などのマイナス材料、
逆に画期的な新製品、サービスなどのプラス材料が
出ると、株価が本来の評価以上に大きく上下します。
これもオーバーシュート。
(上下のストップ高、ストップ安の範囲内。
それが連日続く場合も)

そして今回、調べて初めて知ったのですが、
電子工学の世界でもこのオーバーシュート
という専門用語があること。

《矩形波の立ち上がり部分で、波形が定常値を
超えて突出する現象。または、その突出した波形。》
https://eow.alc.co.jp/search?q=overshoot

何のこっちゃという感じです。

それはともかく、新型コロナウイルスの
オーバーシュート、起こらないように、
各自が出来ることをしないといけませんね。

created by Rinker
自由国民社
¥2,480(2022/12/03 04:36:08時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonサーチ
ニュースな言葉
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント