「云々」、読めますか? 安倍総理、「でんでん」と読み間違える。

未分類

民進党の蓮舫党首に対する、
安倍総理の国会答弁で、
「訂正でんでん」という発言が飛びだしたよう。

答弁書には、「訂正云々」と書かれていたそう。

「云々」は「うんぬん」という読みですね。

云々は、《引用した文や一言では言い切れない
ことばを中断し、あとを省略するときに用いる語》。
または、《あることについて、あれこれいうこと》。
(新明解国語辞典)

「うんうん」の連声(れんじょう)から出た言葉とか。

「連声」とは二つの語が連続するときに生じる音変化の一つ。
後ろの「う」が転じて「ぬ」になっています。

「云々」のほかの読み方をごぞんじでしょうか?

具体的に述べたり、文章を繰り返したり
することを省略する場合に使われる語なんですが、
「しかじか」です。

まあ「しかじか」の場合、「然然」
と書くことが多いかもしれません。

「云」という漢字の音読みは「ウン」、
訓読みは、「い」「う」。
「言・云・謂」がほぼ同じ意味、読みですね。

「伝」は「デン」と読むので、それで間違えて
しまったのかもしれませんね。

〇麻生元総理も、「未曾有(みぞう)」を
「みぞうゆう」と読み間違えました。

人のことは笑えません。

これまで企画会議、プレゼンなどの場で
何度、読み間違えをしてきたことか。

人前で読まないと、読みの間違いって
なかなか気づきませんよね。

以下は、読み間違いやすいランキングの上位から
並べたもの。どれほど読めるかお確かめください。

《実は読み間違えている漢字ランキング》
https://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/015/NtD7fOlNVT40/
乳離れ、貼付、 続柄、礼賛、依存心、
漸く、早急、間髪、 代替、 一段落、御来迎
手繰る、出生率、他人事、代替機、あり得る
美人局、角地、琴線、逝去、凡例、所謂
遵守、古文書、粗利益、汎用、進捗 出納
肉汁、相殺、疾病、巣窟、廉価、大舞台
各々、訃報、何卒、茨城、雰囲気、異名、
発足、更迭、割愛、首相、蔓延、添付
用いる、該当

コメント