桐生祥秀選手、9秒98。男子100mで日本人初の9秒台。

スポンサーリンク
未分類

早ければ今年中にとは思っていましたが、
こんなに早く実現するとは。

2017年9月9日、福井県陸上競技場で開かれている、
日本学生対校選手権の第2日、男子100メートル決勝で、
東洋大学の桐生祥秀選手が、9.98を出し、
日本人初の9秒台を記録しました。

決勝の気象条件は追い風1.8メートル。
2メートルを超えると参考記録になりますから、
絶好のコンディションの中で、
ついに10秒の壁を突破したことになります。

これまでの日本記録は1998年に
伊東浩司さんが記録した10秒00。

19年ぶりですね。

これまで桐生選手は、京都の洛南高校3年の
2013年4月に日本歴代2位の10秒01をマーク。
(追い風0.9メートル)

すぐにでも10秒を切るかに思えましたが、
なかなか10秒の壁は厚く、記録を出すことは
できませんでした。

しかし追い風3.3メートルという中での
参考記録ですが、9秒87を記録したこともあり、
電気計時で日本人初の9秒台を達成していました。

このレースを一緒に走った
多田修平選手は、
10秒07(自己記録)で2位。

多田選手は、今年の6月10日、
2017日本学生陸上競技個人選手権大会の
男子100mの準決勝で9秒94(追い風4.5m)を
マークし日本国内の競技会で、日本人初の
9秒台を出していました。

さらに6月24日の第101回日本陸上競技選手権大会の
男子100m決勝では10秒16(追い風0.6m)で、
サニブラウン・アブデル・ハキームに次ぐ2位。

この時、桐生選手は破れ、
2017年世界陸上競技選手権大会の
日本代表に選出されませんでした。

これまで人にはわからないプレッシャーを
うけていたと思いますが、これで1つ、
それから解放されたのではないでしょうか。

また新たな壁は目の前に立ちふさがると
思いますが、桐生選手なら、またそれを
突破してくれると思います。

ライバルは数多くいますが、
今後さらに切磋琢磨して、
複数の日本人選手が10秒の壁を破り、
東京五輪では、一人でも多くの選手が
ファイナリストとして決勝の舞台に
立って欲しいですね。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント