NHK連続テレビ小説「まれ」のオープニングテーマ曲「希空~まれぞら~」は気持ちが悪いと知合い。

未分類

2015年上半期のNHKの連続テレビ小説「まれ」。

ご覧になっている方、多いと思います。
自分は早めに脱落しましたが、家族は見ています。

先日、ある会でこのドラマの話に。
(取引先でもこの話題が)
横浜編あたりから、脱落を始めた人が多かったですね。

現在、BSプラミアムで、朝7時15分から、
「あまちゃん」の再放送をしています。
それに続く7時30分からが「まれ」の放送。

設定が似ているが、「まれ」の方は、どうも……
という人が結構いるのには驚きました。

個人的に興味深かったのは次の意見。

苦労して世界一のパティシエになるのかと思ったら、
絶縁していた祖母(草笛光子)が、実はパリで店を持つ、
世界有数のパティシエールだったということにあきれた
というもの。(本当なんですか?)

その方は、主人公が、周囲の協力は得ながらも、
苦労して、パティシェとして成長していく
という物語と考えていた。
なのに、すでにその目標を達成している
祖母がいるのは、いかがなものなの
ということのようです。

そして、もう1つ、自分の関心を引いたのが、
いつも問題になる、主題歌、テーマ曲についての意見。

「花子とアン」では、絢香さんの「にじいろ」の
「が」の発音などが、やり玉にあげられ非難されました。

「マッサン」は、中島みゆきさんの「麦の唄」。
いかにもの中島節さくれつでしたが、
慣れていない人には、厳しかったよう。

今回の「まれ」の主題歌は、
主人公「まれ」を演じている
土屋太鳳さんの作詞だそう。

《オープニングテーマ曲》
http://www.nhk.or.jp/mare/info/04.html

タイトルの「まれぞら」は、主人公の「まれ」、
そして外から文化、情報をもたらすお客さま、
外来者を意味する「まれびと」の響きから、
名付けたとか。

なお締め切られましたが、
この曲の2番を視聴者から募集していました。
(一番の歌詞とビデオが紹介されています)
https://www.nhk.or.jp/mare/rel/wanted.html

知合いが気持ち悪いと言っていた箇所の1つは、冒頭部分。
歌詞は「さあ翔けだそうよ」。

けれど、どうしても「逆毛だそうよ」
と聞こえてしまうのだとか。

日本語のアクセントとメロディの高低があっていないのが、
原因だと思うと話していました。

この曲は、明るくさわやかで、元気が出て、
朝にふさわしいという評価もあるので、
多くの人は、上のような点は、
余り気にかけていないのかもしれません。

〇作曲は、澤野弘之(さわの・ひろゆき)さん。
http://www.sawanohiroyuki.com/index.html
子供から大人まで15人ほどの合唱。

〇英語バージョンあり。
歌っているのは、シンガーソングライターの小林未郁。
歌い出しは、《Don’t say goodbye》となっている。
英語の方は、気にならないように思う。

《澤野弘之 NHK連続ドラマ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック ダイジェスト》
https://www.youtube.com/watch?v=Dc3_RoP-nq4

英語ヴァージョンは、「Song of…」(M10)(5:13〜)
頭の歌詞は「Don’t say goodbye」。

「Because of you」(M16)(8:43〜) )
「Say goodbye to my〜」。

「Grey to Blue」(M20)・(11:05〜)
冒頭の歌詞は、「Don’t say goodbye」。

関連エントリー
「花子とアン」の主題歌「にじいろ」。絢香さんの「が」の発音が我慢できないと投稿。

 

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント