もっと卵を。良質安価なタンパク源で虚弱・寝たきりを防止。コレステロールも心配なし。日本は「たまご大国」。

スポンサーリンク
未分類

卵、召しあがっていますか?

コレステロールの制限で、
昔は1日1個までと言われた卵。
けれど、卵のコレステロールは、問題ない
ということで、制限しなくてもよい、
むしろ積極的に卵をとりなさい
というのが、最近の栄養学、
医学の主流な考え方だとか。

〇卵は動物性タンパク質をはじめ
多くの栄養素が含まれているスーパーフード。
〇肉、魚に比べて、余分な脂もとらず手軽に食べられる。
〇うつ・メタボ・認知症を予防
〇美肌、育毛効果。爪もしっかり。

2015年7月27日、日本経済新聞夕刊に、
《『たまご大国』技術輸出》
との記事が掲載されていました。

「たまごサミット2015イン東京」が
7月31日から8月2日まで開催されるという内容です。

このサミットは、日本の優れた卵生産の技術を
東南アジア諸国連合などに紹介するというイベント。

日本の養鶏技術、生でも食べられる品質管理、
流通のノウハウは世界に冠たるものなんですね。

それに比べて亜細亜では、そうした技術、ノウハウが
不足しているので、卵の需要が大きいのに、生産量は少ない。

日本は、鶏卵が畜産業総産出類の16%をも占め、
さらには、国民1人あたりの年間消費量は、
メキシコについで世界2位の「卵大国」。

一昔前は、日本も個人が細々と
経営する養鶏だったため、
卵はかなりの貴重品でした。

その後、養鶏業界が、改良を重ね、
進化をしたおかげで、大量生産が可能になり、
われわれは、卵を気軽に買い求めることが
できるようになりました。

卵に関しては恵まれている日本。
しっかり卵をとって、栄養を補充したいですね。

《マガジンハウス 卵を食べれば全部よくなる》
http://magazineworld.jp/books/paper/2722/

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント