新型栄養失調、食欲不振、フレイル(衰弱)防止のために、栄養士から勧められた意外な食品とは?

スポンサーリンク
未分類

3食食べているのに栄養不足。
高齢者の7人に1人が新型栄養失調なんだそう。

高齢者になると食事の量が減り、
調理の手間が面倒なので、
ご飯、うどん、調理パンといった
炭水化物のみに偏ったり、
消化器の栄養吸収が落ちることが原因なんだそう。

とくに筋肉の材料となる良質の
タンパク質をとること、
微少な量ながら体調を整えるビタミン・ミネラルを
しっかりととることが必要なんだそう。

ビタミン・ミネラルは、
バランス良く、様々な食品からとることが肝要。

しかし多くの食品をとるというのは、
高齢者ばかりでなく、その下の世代にとっても
難しいですね。

栄養士さんから、母が勧められた食品は、
ちりめんじゃこなどの小魚、かつお節、
豆腐・納豆などの大豆製品、
かつお節(削り節)、海苔、ごまなど。

これらは、タンパク質、カルシウム、ビタミンなどが
豊富に含まれているそう。

しかしこれらをそろえて、
ちょこちょこ食べるというのも、
難しいですね。

そこで面倒くさいという人には、
これらを一度にとれる食品があると。

それは、「ふりかけ」。

一つの種類だけでなく、複数の種類のふりかけを
組み合わせると、それだけ多くの食品、栄養を
とれることになります。

またもし手間がかけられるならば、
ごま、いりこ、かつお節、桜エビなどを、
ミルサーなどのミキサーでこまめに引いて、
混ぜ合わせるという手もあります。
(粉末にすると消化吸収が良くなる)

白米のご飯だけだと、全部を食べにくいですが、
こうしたふりかけを食べると風味があるので、
食欲が出て、食べる量が増える、という利点もあります。

三島食品
《栄養バランスふりかけ》
http://mishimashop.jp/shop/item_detail?category_id=9941&item_id=148948
こちらは腎臓病などでタンパク質、塩分を
控えなければならない方のためのふりかけ
《ジンゾウ先生のふりかけ のりたまご》
https://www.kissei.co.jp/health/product/food01/01_10_005/index.html

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント

  1. nikitoki より:

    朝日新聞に《入院で知った「のりたま」の実力 最新ふりかけ食べ比べ
    浅野真2016年4月5日20時34分》という記事が掲載されていました。
    http://www.asahi.com/articles/ASJ456DWKJ45UCLV00J.html?iref=comtop_6_05
    永谷園の「超ふりかけ」シリーズ、丸美屋の「のっける」シリーズ、そして1缶5千円の高級ふりかけ「口どけ」など、その進化ぶりを興味深く読みました。