年配の知合いのスポーツクラブの意外な利用目的とは?

未分類

年配の知合い。
近所のスポーツクラブの会員となっています。

最近、24時間オープンの格安の
スポーツクラブがいくつも
近所に出来たと教えてあげました。

その知合いは、すでに知っていて、
「そこは自分の選択肢からは外れるなー」
と話しました。

その理由を尋ねると、自分にとって
意外なことをあげました。

「安いのはいいけれど、シャワーしかないからね。
やっぱり、お風呂がないと。」

そう、24時間オープンのスポーツクラブは、
足を伸ばしてつかれるお風呂がないのでした。

しかしシャワーで十分ではないかと
念を押して聞いたのですが、
やはりダメと。

そもそもその知合いにとって
スポーツクラブに通う目的の一番は、
そのお風呂だったのです。

体を動かし、鍛えるというか、
筋肉・体力を維持することより、
設備としてついている風呂に入る。
それがその知合いにとって大切なことだったのです。

近くに銭湯がなくなって久しいですが、
家でのお風呂は、何かあったときに危険。
また経済的にも、ガス代、電気代、水道代、
さらには掃除、お湯をはったり、落としたりする
手間がかかる。

けれどスポーツクラブのお風呂なら、
それら総てがかからないと。

その知合いが通うスポーツクラブとは別の
スポーツクラブが両国橋を渡った先にあるのですが、
以前、そこに見学に行った際、そこのインストラクターが
「体を動かしたくない日でも、お風呂だけでも入りに
来て下さい。うちの会員さんでは今日はお風呂だけ
という方、大勢いらっしゃいますので。タオルはもちろん、
シャンプー、ボディソープも備え付けがありますので、
手ぶらでいらっしゃれますから」と話していました。

知合いに限らず、スポーツクラブのお風呂が目的
という方の割合は意外に高いのかもしれません。

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント