亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

6歳の6月6日、稽古はじめの日。毎日稽古を欠かさなかった近所の芸者さんの母娘2人。いま、どこへ?

   

わが家の近くにプリマ楽器という
楽器 – 楽器・楽譜の総合卸商社があります。

そのビルの入り口近くに、
「6月6日は楽器の日」
と書いてあります。

これは1970年に全国楽器協会により
制定された記念日。

「芸事の稽古はじめは、6歳の6月6日に行う」
という習わしに由来しているのだそう。
http://www.zengakkyo.com/thegakkiday/index.html

これで思い出したのは、
昔、近所に住んでいた
芸者の母娘さん。

娘さんは、自分より年上でした。
その家の前を通ると、
昼過ぎから三味線の音が聞こえてきました。

数えで6歳の6月6日に
稽古はじめをして、
以来三味線、日本舞踊などを
ずっと稽古しているのだとか。

しかし実際には、三味線も数えの6歳から
始めるのは「遅く」、本当はもっと小さい時から
習っていたのだと言います。

ただこの6歳6月6日に始めると上達する
と言われているので、型として、そこから
始めたことにしたんだと言います。

歌舞伎・能・狂言などでも同様で、
数え6歳を待たず、各種の稽古を始めるとか。

芸事一生とも言いますが、
6歳でも一流になるためには遅いというのは、
恐ろしい世界だなと思いますね。

芸者さんの母娘の二人は、
毎日、稽古をしていました。

わが家とは仲が良かったので、
毎日のようにやってきては、
母と話していました。

そしてよく言っていたのは、
「芸は一日休むと自分にわかる。
二日休むと見巧者にわかる。
三日休むと誰にもわかる」。

見巧者とは見方の上手な、批評眼を持った人のこと。

「芸のあるのが芸者。芸のないのは芸能人」。

「芸者はいつどこで見ても芸者じゃなくちゃ」
と風呂帰りでも、買物帰りでも、
どこでいつあっても、素敵な格好をしていました。

お母さんは年を取って、自分の考える芸を
見せられなくなったとして芸者を引退。
それに伴って、娘さんとどこかに行ってしまわれました。

もうお母さんはお元気であれば、
100歳をはるかに超えるお年。
娘さんもかなりの年配になられていると思います。

もう一度、あのあでやかな、きっぷのいい
話しっぷり、粋な三味線の音を聞いてみたいものです。

〇6月6日、稽古はじめ
「邦楽の日」「いけばなの日」でもあるよう。
能楽の大成者・世阿弥の風姿花伝には、
習い事を始めるには数え七歳の内に始めるとよい
との記述があるようです。

《この芸において、おほかた、七歳をもて初めとす。》
http://manapedia.jp/text/3529

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

中原誠将棋名誉王座が脳出血、大腸がんで引退した後、励みにした画家・中川一政の生き方。真鶴の港を20年間描き続ける。

日本経済新聞の「私の履歴書」。 著名人が自分の人生を振り返る 人気の連載です。 …

柏餅に関するわが家の教え。あなたは、違いの分かる人間か? 小豆あんと味噌餡の見分け方。

2017年5月。 まもなく5月5日、端午の節句ですね。 もう柏餅は召しあがりまし …

新幹線車内での焼身自殺で2人死亡。10人程度の怪我。テロ、爆発物。サミット、東京五輪。安全をどう守る。

先週の木曜日。 久しぶりに出張があり、東海道新幹線の、 東京・京都間を往復利用し …

知人から教えてもらったすぐに食べられるキウイとアボカド。ついに購入。知人がこの商品に抱く不安と嫌な気分とは?

昨日、近所のスーパーに行って、 ついにずっと欲しかったものを 買いました。 キウ …

「マツコの知らない世界」で進化した冷凍食品が取り上げられ話題に。高齢者も注目。

2016年5月31日に「マツコの知らない世界」で、 「冷凍食品の世界」が放送され …

「日本はお菓子でアメリカを征服できるよ」。毎日かあさん。「第609回息子からの便り」。

漫画家・西原理恵子さんが、 毎週月曜、毎日新聞朝刊に 連載している「毎日かあさん …

現金は重い。腰痛めると常陽銀行が、ロボットスーツを導入。

すでに様々な農業やビジネスの場に取り入られている ロボットスーツ。 今度は、常陽 …

長崎ちゃんぽん、麺抜き。「野菜たっぷり 食べるスープ」をリンガーハットが発売。糖質制限ブームの影響?

小さいころ、そばやさんに行った時、 年配のおじいさんが、みそをなめながら、 日本 …

知人が新しいマンションに引っ越して、「引きこもり」状態。そのわけは?

知人が新しいマンションに引っ越しました。 その様子を尋ねたら、 「危ない。このま …

集団就職と方言。「ひよっこ」を熱心に見ている、近所の老舗の女将さんは、集団就職組だった。

見ていない人には何のことやらですけれど、 連続テレビ小説「ひよっこ」についてです …