亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

終戦の日の「すいとん」。さつまいも、じゃがいも、カボチャは食べない叔父さんたち。

   

2015年8月15日、70年目の終戦の日です。

この日になると思い出す食べ物があります。
以前、別の所に書いたこともあるのですけれど、
「すいとん」です。

ご存じでしょうか?

小麦粉を水で練り、団子状にして、
野菜などの入った汁に入れて食べる料理です。

室町時代からある古い料理だそう。
全国各地で郷土料理としても食べられています。
けれど、年配の方の記憶では、
この料理は、戦時中の代用食。

戦時中、米が不足していたため、
米に代わる食べ物として、
小麦粉で作る「すいとん」が食べられたのそう。

しかし小麦粉も不足してきて、大豆粉、コウリャン、
トウモロコシなどの粉も使われたとか。

戦後、この戦時中の不便な生活を偲ぼうと、
終戦の日にすいとんを作って食べよう
という「運動」がありました。
(小学校の夏休みの登校日に食べたという知人も)

今でも行われているところも多いようです。

もうずいぶん前になりますが、
大阪の祖母宅で、「すいとん」が
出たことがあります。

作ったのは祖母ではなく姉だったと思います。
祖母の姉も健在だったかもしれません。

その「すいとん」を食べた2人は、
「美味しすぎる」と不満を述べていました。

戦時中に使っていた小麦粉は、
上に書いたように、様々な混ぜ物がしてあって、
増量されており、黒くてぼそぼそしていたそう。

野菜も不足していて、河原、土手などで摘んだ
野草を入れたりもしていたとか。

また煮干しも大きな鍋に1匹ほどしか入れられず、
ほとんど出汁が出てておらず、さらに醤油も不足していたので、
味が薄く、余計、まずく感じたようです。

父、母の世代は、ちょうど戦時中が
子供の頃で、育ち盛り、食べ盛り。

やはり食べ物の不足が一番、こたえたよう。
いつもお腹がすいていた気がするとも。

父の実家は農家だったので、
まだ食糧事情は良かったようですが、
米のかわりにサツマイモ、じゃがいも、
カボチャなどを食べさせられ、嫌になったと。

お盆の頃、祖母宅に行ったとき、
何人かの叔父さんたちと食事を
共にしました。

ご飯はもちろん、出されたものは、
とにかく何でも残さない叔父さんたちが、
食卓の上に並んだカボチャの煮物には、
一切、手をつけないのが印象的でした。

「一生分どころか、来世の分も食べたから」
と言い訳していました。

「昔と違い、品種改良して、味も良くなっている」
と説得しても、いっこうに箸は伸びませんでした。

小さい頃の記憶、それも舌の記憶は、
よほど強烈に身体に刻み込まれているんでしょうね。

戦争体験を引き継ぐ。
よく言われる言葉ですけれど、
食べ物一つとってもその体験は、
なかなか実感できません。

暴論ですが、1日ほど食事を抜いて、
「飢え」を作り出して、乏しい材料で
作った料理を食べてみる
といった位のことをやらないと、
体感出来ないのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

浅丘ルリ子さんの「私の履歴書」。2回目。バンコクから終戦後、引き揚げ船。一家全員、降ろされ…。運命。

女優の浅丘ルリ子さんが、 日本経済新聞に「私の履歴書」を、 2015年7月連載中 …

岐阜の伯母からお別れ会のお知らせ。

岐阜に住む母の姉すなわち伯母から 先日、母に電話がありました。 秋になって気候が …

人の名前が出てこなくなった高齢の知合いが、それを克服した自作のカルタとは?

この所、人・モノ・場所などの名前を すぐに思い出せないことが多くなりました。 そ …

北海道新幹線、開業は2016年3月26日。1日13往復。東京-新函館北斗は4時間強。

日本経済新聞が電子版で、2015年9月8日に 伝えた所によれば、 北海道新幹線は …

牡蠣、柿、牡蠣フライ。それぞれの「カキ」のアクセント。

牡蠣、柿。 どちらも美味しい秋ですね。 2017年11月7日、読売新聞の 4コマ …

ホンダが、定年を65歳に延長へ。定年延長すれば60歳以下はさらに厳しい環境に?

最近、60歳を迎えられた先輩がいます。 大きな会社にずっと勤務。 誕生月の末で定 …

食べるものも変えず、量も同じで、お金と手間もかけず、ダイエットに成功した知人。その方法は?

同年代の知人。 去年の健康診断で、肥満、 糖尿病予備軍と言われ、 医師からは、体 …

「おいど(お尻)をしめなさい」。元気、精気を逃がさず。心も安定。

先日、テレビを見ていたら、 京都の祇園が特集されていました。 (再放送) 新日本 …

給食から、あのソフトめんが消える? 小さい時の味の記憶。

学校給食の思い出。 いろいろあります。 地域や年代によって、いろいろと異なってい …

9月6日は「黒の日」。黒澤明監督の白黒映画の黒。祖母の2つの黒の教え。

9月6日。 語呂合わせで「黒の日」。 もともとは京都黒染工業協同組合が、 「黒染 …