亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

肝腎=最も大事なところ。腎臓を温めると病知らず。カイロを貼ると目が楽。眼精疲労に効果あり。

   

温活をしています。

食べ物、サプリメント、運動、
様々なグッズを使って、
体が冷えないようにしています。

そのおかげで体温も少しだけですがあがり、
体の調子も良くなってきました。

けれど毎日、目を酷使するせいか、
眼精疲労がひどくて、悩んでいます。

目のサプリ、目枕(電子レンジで何度も使えるタイプ)で
目やその周辺を温めたり、目の周辺のつぼをマッサージしたり、
またストレッチをしたり、マッサージ器を使ったりなどをしています。

同じく眼精疲労に悩む知合い、友達などから、
様々な情報が。

その一つが、目と離れた場所を温めるとよいというもの。
具体的に言えば、腎臓を温めればよいと。

腎臓は肝腎という言葉があるくらい、
重要な臓器で、西洋医学でもまた
東洋医学でも大切な場所であるとされています。

年中、血液をこし、老廃物をこして、
尿をつくりだしている腎臓。

汗をかきにくい冬は、腎臓の働きが求められる季節。
しかし寒さのため、血行が悪くなるとその働きが
弱ってしまうのだとか。

なので、腎臓の近くを温めて働きを強めてあげるとよい。

目と腎臓の関係は?

中国医学では、目は五臓の中でも肝と腎に
深く関わっているのだそう。

というわけで、目の疲れである眼精疲労を
軽くするためには、腎臓の働きをよくするとよいのだと。

具体的には、背中側の腰より少し上、
背骨をはさんで両側にカイロを貼って、温める。

ツボでいうと、「腎兪(じんゆ)」と
「命門(めいもん)」と呼ばれる場所あたり。
骨盤の一番上の際から数えて2つ目の背骨のへこみが命門。
そしてその両脇が腎兪。

一般的には、両腕をだらんと下げた場合、
ちょうど肘の高さあたりが、
上の二つのつぼの高さになるそうです。
(一番くびれた部分)

いつもは、もう少し下の仙骨のあたりを
ハクキンカイロをあてているのですけれど、
上の2つの場所をおおうように、
大きめの使い捨てカイロを貼ってみました。

気分的な問題かもしれませんが、
目の疲れ、くすみがとれた気がします。
また尿の量も増えたようです。

カイロを使う場合の注意
〇直接肌の上に貼らない。
〇寝るときには使わない

上の2つのつぼをさすったり、押したり
マッサージするのも効果的。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

養老孟司さんが、40歳過ぎまであいさつが苦手だったわけ。5歳直前、亡くなったお父さんに言えなかった「さよなら」。

解剖学者の養老孟司さんへのインタビューが 2015年9月14日から朝日新聞夕刊で …

「ためしてガッテン」で高野豆腐の特集。ふっくらやわらかの決め手は、熱湯もどし。

高野豆腐の料理、お好きですか? 以前、別のブログで高野豆腐の煮方を紹介したところ …

日常の小さな贅沢が人生を豊かにする。作家・池波正太郎の母のにぎり寿司。

長時間、パソコンの前座っているせいか、 目が疲れ、背中、肩が張っています。 スト …

「三塁生まれ」とは? 「銀のスプーンをくわえて生まれる」。乳母日傘。

2015年4月28日、東京新聞のコラム筆洗。 「三塁の上で生まれた」との表現を取 …

死んだら、先に亡くなった人にまた会えるのか? ひろさちやさん新刊「人は死んでもまた会える」。

小さい時から疑問に思っていたことの一つ。 それは、人は死んだら、自分より先になく …

ゆで卵入りかまぼこ「アリマド(アルマド)」。懐かしい思い出の味。

2016年12月20日、BS日テレ 《三宅裕司のふるさと探訪》は、アンコール放送 …

素人ながら、知人が美術オークションに毎月、参加。会場がわが家の近くでびっくり。

バブルの頃、大量に買った絵画、彫刻類。 それらをどうにかしようと、 知人は、もう …

親のための自分史製作サービス「親の雑誌」が2015年5月1日から始まる。

以前、別のブログで自分史の制作サービスを ご紹介したことがあります。 自分が書い …

昔、近所にあった石屋のおじさんの話。「人にも石目がある。それを読め」。

お盆の時期。 お墓参りに行かれた方も多いでしょう。 その際には、お墓を きれいに …

日野原重明先生。10月4日で104歳。「10月4日 104歳に 104句」。

最年長の現役医師・日野原重明先生。 2015年10月4日で104歳になられました …