亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

同い年の友達に去年、赤ちゃんが誕生。涙ぐましい努力。妊活は温活に似ている。

   

昔は毎日のように会っていたものの、
最近は疎遠となっていた同い年の友達。

先日、仕事で会った人から、思いがけなく、
その友達に「昔、とても世話になった」
という話が出たので、
久しぶりに電話をかけました。

その話をしたら、すごく喜んでくれた後、
互いの近況について報告し合いました。

驚いたのが、その彼に、去年、
女の子が生まれていたということ。

我々二人は、同級生の中にすでに祖父・祖母に
なっている人もいる年代。
この年齢ではじめて親になるのは、今の時代でも
珍しく、覚悟のいることなのではと感じました。
(もっとも奥さんは自分たちより年下なのですが)

結婚式にも参加し、奥さんも存じ上げていますが、
彼の仕事が余りにも忙しかったこともあり、
長い間、お子さんに恵まれませんでした。

数年前にその仕事が、
大きな節目を迎えたところから、
子どもをと決意したそうです。

医学的には、一定期間、妊娠しないことが不妊。

《日本産科婦人科学会では、「その期間については1年から
3年までの諸説あり、2年というのが一般的でしたが、
1年に短縮」としています
(平成27年8月29日日本産科婦人科学会理事会決定)。》
http://www.jsrm.or.jp/public/funinsho_qa02.html

という訳で、二人は医学的には不妊にあたり、
いわゆる「妊活」を二人で始めたそう。

その全てではありませんが、
お二人が努力したいくつかを聞いたら、
現在、自分が行っている「温活」と
基本的には一致しているということがわかりました。

早寝早起き、規則正しい生活。
バランスのとれた食生活
適度な運動(多いのも全くしないのも良くないよう)
ストレスをかけない、ためない、発散する
(過重な労働は特にダメらしい)

上に述べたような項目は、
結局、身体面で言えば、男性・女性ともに
血行を良くし、体温を高めることを
目的としているようです。

体温を高めることは、免疫力・生命力を高め、
人としての生殖能力を向上させることになるんだそう。

そしてこうした生活態度は、
高齢になっても健康で長生きするための
基本的な項目にも一致すると。

「この年になっての子育ては大変だけれど、
70、80になっても元気で働こうという
張り合い、意欲が出た」
と友は、楽しそうに宣言しました。

そのはずんだ声、決意を聞いて、
こちらまで励まされ、明るい気持ちになれました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

わが家と同じ除湿機を使っていた知合い宅。最新の除湿機に買い換え、その性能に驚く。

梅雨の時期。 続く雨に洗濯物が乾かないと お悩みのお宅も多いのでは? わが家も電 …

「心の白い人」とはどんな人?  ミャンマーから来た新聞奨学生が落とした7万円、無事、戻る。

少し前になりますけれど、 2016年4月7日、毎日新聞の都内版に、 およそ7万円 …

「あずる」。祖母が生前よく使っていた方言。新聞記事を読んで、久しぶりに思い出す。

「あずる」という言葉をご存知でしょうか? 突然この言葉について書き始めたのは、 …

元アナウンサー・山川静夫さん。「説似一物即不中(せつじいちもつそくふちゅう)」とは?

10回にわたり朝日新聞夕刊に掲載されていた 山川静夫さんのインタビュー。 最終回 …

夏場の行楽、お出かけで重宝する自然解凍の冷凍食品。知合いは外出時には必ず持参。

先日、訪れた取引先。 そこの控え室で備え付けのコーヒーを 飲んでいたら、丁度、お …

さざんか梅雨。低気圧で気分が下がる。不調の訳が初めてわかったと知人。気象病、天気痛。

家のサザンカが咲いています。 この花を見ると、 秋から冬に季節が移り変わっている …

若い頃、1日テレビ3時間以上見ていた人は、40~50代になって記憶力が低下。アメリカの医学誌に論文。

一日にテレビを何時間、ご覧になっていますか? 高齢で一人暮らしの場合、かなり多い …

「おかわりはいかが?」「大丈夫です」。果たして、おわかりは、いるのかいらないのか?

「大丈夫、大丈夫」。 あなたは、この言葉、 日常会話の中で使っていますか? 自分 …

あの吉野家が野菜だらけの「ベジ丼」を発売。野菜11種類170グラム。

毎年、春から3ヶ月ほど通っている取引先。 若い人が多いので、お昼に吉野家などの …

SMAP、今年2016年限りで解散。

アイドルグループのSMAPが、 今年2016年限りで解散と新聞各紙が伝えています …