対話型AIとテレビ企画をブレストしてみた

スポンサーリンク
企画の種の育て方

この記事の対象者はテレビ番組の企画の仕方を知りたい人

この記事は、30年以上、テレビ業界でテレビ・ラジオ番組を手がけ、放送専門学校で
企画、台本について教えてきた人が書いています。
対象は、テレビ番組の企画の仕方を知りたいという人です。

企画を考えるためのブレインストーミング

あなたはブレインストーミングという言葉を聞いたことがありますか。
ブレインストーミングは、Brain storming。日略して略して「ブレスト」とも呼ばれます。

アイデア、企画を考えるための方法です。
複数の人が集まり、ある課題、テーマについて、アイデア、意見を出し合い、
アイデアや発想の整理し、新しい考え、解決、アイデアを導きます。

一人では考えつかないことも、複数の人が話し合い、刺激しあうことで、
広がり、展開され、思いもしなかった発想が生まれてくるのです。

テレビ番組の企画においても、ブレインストーミングが行われます。
ここでは、複数といっても自分と対話型AIと対話(チャット)を
重ねることで、ブレインストーミングのように、アイデア、企画を
作ろうという試みです。

ブレインストーミングでは、相手の発言を否定しない、結論を急がないといった
ルールがあるのですが、ここでは深入りしません。

created by Rinker
¥1,617 (2024/05/28 17:06:37時点 Amazon調べ-詳細)

対話型AIをブレストの道具として使う 対話相手

ここでは、対話型AIをアイデアを生み出す「ブレスト」の道具として使ってみます。
本当はもっと多い方がいいのですが、まあ一人より、「二人」の方がまだましですから。

2023年10月からのテレビ企画→企画案を得る

テレビの企画は、放送局、(またはその依頼をうけた)制作会社から
条件が示され、企画が募集されます。
条件は大まかなものが多いのですが、今回はそこから、
企画の素案を生み出す流れを見てみましょう。

ChatGPTとブレスト 企画について対話

《2023年10月から、フジテレビで、お笑いに関するバラエティ番組を考えています。
 放送日は土曜日夜8時から1時間。企画案を考えて下さい。》(架空のものです)

素晴らしい企画ですね!お笑いバラエティ番組のアイデアをいくつか提供いたします。

  1. オリジナルコント大会:新しい才能を発掘するために、若手芸人たちによるオリジナルコントのコンテストを開催します。審査員は有名な芸人たちで、最終的に優勝者を決定します。
  2. お笑いスポーツ大会:お笑い芸人たちによる競技を行います。例えば、ボウリングやダーツ、フリスビーなどの競技を行い、最終的に勝者を決定します。
  3. ショートコントバトル:複数の芸人たちが、制限時間内に最も面白いショートコントを披露するバトルを行います。審査員は観客で、最終的に一番面白かった芸人を選出します。
  4. 芸人への挑戦状:一般人が、芸人に挑戦する企画です。例えば、マジックやフリップ芸など、芸人に負けないように自分の芸を披露し、審査員から高得点を獲得します。
  5. 爆笑!クイズバトル:芸人たちが、お笑いに関するクイズを出題し、解答する企画です。正解者にはポイントが与えられ、最終的に最もポイントを獲得した芸人が勝者となります。

以上が、私が考えたフジテレビで放送可能なお笑いバラエティ番組の企画案です。どうでしょうか?参考になれば幸いです。

さらに続けます。まさに今、話題の対話型Aiとお笑いの組み合わせはどうか。

対話型AIと人間とのお笑い対決。このような企画はすでに行われていますか。

お笑い対決において、対話型AIと人間が競い合うような企画はまだあまり行われていないと言えます。しかし、AIを活用したお笑いコンテンツや、AIと芸人がコラボする企画は、近年増えてきています。

例えば、2021年には、日本テレビの番組『しゃべくり007』において、AIが芸人たちとトークを行うコーナーがありました。AIは、AI技術を使ってリアルタイムで会話を生成する「AI対話エンジン」を搭載したボイスロイドで、芸人たちとの会話の中で面白い返答をしていました。

また、海外では、AIがコントを作成するなどの取り組みもあります。例えば、アメリカのNetflixでは、AIがプログラミングされたオリジナルコントを作成するシリーズ「アイ・スマイル・バック」が配信されています。

今後、対話型AIと人間がお笑いで競い合う企画が増えていくかもしれません。AIの技術がますます進化していく中で、どのような面白い企画が生まれるか、楽しみですね。

うーん。残念。まあありきたりの発想なので、もうやっていますよね。
次も遅いと言われそうですが、SNSに着目して聞いてみました。
こうした企画、番組があるのかは、現行、過去の既存番組を知るためです。

SNSを利用して、一般の人からテーマを募集。それに対し、お笑い芸人、俳優、文化人が
回答を競う企画。こうした企画はこれまでにありますか。

SNSを活用した一般の人からのテーマ募集を取り入れたお笑い番組やコンテンツはありますが、お笑い芸人、俳優、文化人が回答を競うような具体的な企画は、あまり見かけたことがありません。

ただし、例えばYouTubeやツイッター、InstagramなどのSNSを使った、お笑い芸人やYouTuberなどのコンテンツでは、一般の人からのリプライやコメントを募集し、それに対して回答する形式で番組を展開するケースがあります。また、SNSでのトレンドやユーザーの投稿を取り上げて、それに関連したお笑いネタを披露するといった企画も存在しています。

具体的には、日本のお笑い芸人ガリットチュウが出演するYouTubeチャンネル「ガリットチュウのやってやろうぜ!」では、一般から募集したリプライやコメントに対して、メンバーが即興で回答するコーナーがあります。また、日本テレビの番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」では、視聴者からの質問に出演者が回答するコーナーがあります。

このように、一般の人からのテーマや質問を活用したコンテンツは多く存在していますが、お笑い芸人、俳優、文化人が回答を競うような形式の企画は、あまり見かけたことがありません。

中には、答えに怪しい所がありますが、それは今のところ、無視。
さらに先に。こちらからアイデアを投げかけていきます。

日本や海外のお笑いに対する考え方、反応の違いを見るという企画はありますか。

日本や海外のお笑いに対する考え方や反応の違いを比較する企画は、過去にいくつかの番組で取り上げられています。

例えば、日本テレビの番組「ワールド☆レコーズ」では、日本のお笑い芸人と海外のお笑い芸人が競い合う「世界一のお笑い王座決定戦」というコーナーがありました。また、日本のお笑い芸人が海外のテレビ番組に出演する企画や、海外のお笑い芸人が日本のテレビ番組に出演する企画もあります。

さらに、海外では日本のお笑いについて特集する番組が制作されることもあります。例えば、アメリカのNBCが制作した「Tokyo Tonight」という番組では、日本のお笑いについて取り上げ、日本のお笑い芸人たちが出演していました。

こうした企画では、文化や言語の違いなどから、お笑いに対する考え方や反応に違いがあることが見られる場合があります。しかし、お笑いは共感や笑いを通じて人々をつなげる力があるため、国境を越えて愛されるものでもあります。

また次の自分の考えをぶつけます。

お笑い芸人と一般人がグループを組み、お笑いに関する対決する、競争する
という企画、番組はありますか。

お笑い芸人と一般人がグループを組んで競う番組としては、「キングオブコント」や「M-1グランプリ」などのお笑いコンテスト番組がありますが、これらは一般人ではなく、お笑い芸人同士の競技形式の番組です。

一般人とお笑い芸人がグループを組んで対決する形式の番組は、あまり存在しませんが、例外的に下記のような番組があります。

・「お笑い駅前バス停」(フジテレビ系列):お笑い芸人と一般人が共演して、お笑いやゲームなどの対決を行うバラエティ番組。 ・「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系列):マツコ・デラックスと有吉弘行がリーダーを務め、芸能人チームと一般人チームが対決するトーク番組。 ・「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」(テレビ東京系列):所ジョージがMCを務め、お笑い芸人と一般人が協力してクイズに挑戦する番組。

以上のように、お笑い芸人と一般人が共演して対決を行う番組は存在しますが、直接的なお笑いの競技形式の番組は少ないです。

ちょっと思い出したことがあったので、それについて質問してみました。

お笑い芸人が先生になって、お笑いの考え方、テクニックを一般の人に教える
という企画、番組はありますか。

お笑い芸人が先生になって、一般の人にお笑いの考え方やテクニックを教える番組としては、以下のようなものがあります。

・「キングオブコント講座」(テレビ朝日系列):お笑い芸人がキングオブコントの鍵を握る「ネタ作り」「演出」「衣装」「ネタ見せ」「フィナーレ」の5つの要素について、一般人にレクチャーする番組。 ・「お笑いセミナー」(日本テレビ系列):一般人がお笑い芸人にネタを書いてもらい、実際に演じることでお笑いのテクニックを学ぶ番組。 ・「爆笑問題のシンパイ賞!!」(TBS系列):お笑い芸人が一般人にネタ作りのテクニックを教え、一般人がそのテクニックを使ってネタを作り、審査員による採点で優勝を目指す番組。

以上のように、お笑い芸人が先生となって、一般の人にお笑いのテクニックや考え方を教える番組は存在します。また、お笑い芸人が演技やトークの指導をする番組もあります。

「芸人先生」につて尋ねました。

Eテレで放送されていた「芸人先生」はどんな番組ですか。

「芸人先生」とは、NHK Eテレで2017年から2019年まで放送されたバラエティ番組です。

この番組では、一般の中学生たちが、お笑い芸人から漫才やコントのネタ作りや演技の指導を受け、それを披露するという内容でした。出演したお笑い芸人には、かまいたち、東京ダイナマイト、霜降り明星、EXITなどが出演しました。

番組の冒頭では、生徒たちにお笑い芸人たちの自己紹介があり、その後、お笑い芸人たちが授業をする様子が放送されました。生徒たちは、お笑い芸人たちから指導を受けながら、ネタのアイデアを出したり、演技の練習を行いました。

最後には、生徒たちが作ったネタを披露し、お笑い芸人たちからのフィードバックを受けました。また、生徒たちが抱える悩みや問題にも触れながら、お笑い芸人たちがアドバイスを送る場面もありました。

「芸人先生」は、お笑い芸人たちが中学生たちに対して教育的な内容を伝えながら、楽しい時間を提供する、子供たち向けのバラエティ番組でした。

生徒は、社会人でなかったですか。

ご指摘ありがとうございます。訂正いたします。生徒は中学生であり、社会人ではありませんでした。お詫び申し上げます。

「芸人先生」は、社奇人が芸人から教えを受ける番組ではなかったですか。

申し訳ありません、先程の回答に誤りがありました。「芸人先生」は、中学生がお笑い芸人から教えを受ける番組でした。社会人が対象となる番組は存在しますが、「芸人先生」は中学生を対象にした番組でした。お詫び申し上げます。

なんだか訂正しても訂正しきれていないですね。この辺りは突っ込まず、次に。

芸人が能力を生かし、お金を稼ぐという企画はありますか。

芸人が能力を生かしてお金を稼ぐというテーマの企画や番組はいくつかあります。例えば以下のようなものがあります。

  1. 「芸人だって稼げるんじゃない?」(TBS系列) この番組では、芸人たちが「自分の持っているスキル」を生かしてお金を稼ぐ企画に挑戦します。例えば、ピン芸人が自分の持つ特技を生かして、生徒たちに授業をするという企画や、お笑い芸人が自分たちで立ち上げた新しいビジネスに挑戦するという企画などがあります。
  2. 「マネーの虎」(日本テレビ系列) この番組では、ビジネスアイデアを持った一般人が、有名な起業家たち(「虎」と呼ばれる)に投資をしてもらうという形式でビジネスを展開していく番組です。芸人の中にも、この番組に出演し、ビジネスアイデアを持って投資を受けるというケースがあります。
  3. 「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系列) この番組では、芸能人や一般人が、自分が持つ特技や知識を活かして、副業やビジネスを展開している様子が紹介されます。例えば、お笑い芸人が自分たちで立ち上げたグルメ情報サイトや、アーティストが手がけるファッションブランドなどが紹介されています。

これらの番組では、芸人たちがお笑いの技術や知識を生かして、新しいビジネスを展開している様子が紹介されることがあります。

一緒二何か作るという点に着目して考えを述べ、投げかけてみました。

芸人が毎回ゲストを迎え、一緒にお笑いを作っていくという企画、番組はありますか。

芸人が毎回ゲストを迎えて、一緒にお笑いを作っていく企画や番組はいくつか存在します。以下に代表的なものをいくつか紹介します。

  1. 「アメトーーク!」(テレビ朝日系列) この番組は、芸人たちが毎回テーマに沿ってトークをするバラエティ番組です。テーマによっては、ゲストを迎えて共にトークをすることもあります。また、テーマに合わせて芸人たちが即席で漫才やコントを披露することもあるため、お笑いを作り上げる様子も見ることができます。
  2. 「オンエアバトル」(フジテレビ系列) この番組は、毎回様々なジャンルのアーティストたちが出演し、それぞれが自分の芸術作品を披露して対決する番組です。お笑い芸人もゲスト出演することがあり、自分たちで考えたネタを即席で披露することがあります。
  3. 「笑点」(日本テレビ系列) この番組は、日本の伝統的なお笑い番組で、毎回落語家たちが持ちネタを披露して対決します。落語家たちは、ゲストによって即席で作った新作落語や、リスナーから寄せられたお題に基づいた落語なども披露します。

これらの番組では、芸人たちがゲストと協力してお笑いを作り上げる様子が見られます。また、新しいネタを即席で披露することもあるため、視聴者にとっても面白い番組となっています。

チャレンジに着目したアイデアを投げかけ。

芸人、タレントが人生で初めてのことに挑戦し、その様子を伝えるという番組、企画はありますか。

芸人やタレントが人生で初めてのことに挑戦する番組や企画は多数存在します。以下に代表的なものをいくつか紹介します。

  1. 「新しい波24」(フジテレビ系列) この番組は、芸人やタレントたちが毎回異なる分野に初挑戦するバラエティ番組です。例えば、格闘技やアスレチック、楽器演奏、手芸など、様々な分野に挑戦します。番組内では、挑戦者たちのトライ&エラーの様子や成長を追ったり、現役のプロからのアドバイスを受けたりする様子が放送されます。
  2. 「24時間テレビ」(日本テレビ系列) この番組は、毎年夏に放送されるチャリティ番組で、芸人やタレントたちが様々なチャレンジに挑戦します。例えば、長時間ランニングやマラソン、ボクシング、トライアスロン、カラオケマラソン、料理など、多岐にわたる挑戦が行われます。また、挑戦に対する視聴者からのメッセージや、チャリティ団体への寄付金なども募集されます。
  3. 「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系列) この番組は、芸人やタレントたちが、自身が人生で得た教訓や、人生の転機となった出来事などについて語ります。また、その話を聞いた視聴者が、自分自身の人生に活かすことができるように、様々なアドバイスやヒントも提供されます。

これらの番組では、芸人やタレントたちが初めてのことに挑戦する様子が見られます。また、挑戦することで成長したり、新たな発見があったりすることもあり、視聴者にとっても刺激的な番組となっています。

またよくある質問ですが、アメリカの事情を尋ねました。

アメリカで話題になっているお笑いの番組はありますか

アメリカでは、多くの種類のお笑い番組がありますが、特に人気のあるものは以下の通りです。

  1. Saturday Night Live(サタデー・ナイト・ライブ):1975年から放送されている、週末の夜に生放送されるコメディ番組で、有名なコメディアンたちが出演します。
  2. The Daily Show(ザ・デイリー・ショー):政治や社会問題を扱ったニュース番組のパロディで、トークショー形式で放送されます。
  3. The Late Show with Stephen Colbert(ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア):トークショー形式の番組で、政治や社会問題を扱うことが多く、コメディアンのスティーブン・コルベアがホストを務めます。
  4. The Tonight Show Starring Jimmy Fallon(ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン):トークショー形式の番組で、コメディアンのジミー・ファロンがホストを務めます。有名なコメディアンたちがゲスト出演することが多いです。
  5. Comedy Central Roast(コメディ・セントラル・ロースト):有名人をローストする形式で、コメディアンたちが有名人をネタにした漫才やスピーチを披露します。

芸人がお笑いについて語るというアイデアを投げかけます。

芸人が、自身のおネタ作り、笑いのテクニックなどについて語る番組はありますか。

日本においては、以下のような番組が該当するかもしれません。

  1. 『お笑いの学校』:お笑い芸人たちが自身のネタ作りや漫才技術などについて語り、その場で即興で演じる様子を放送する番組です。
  2. 『ネタパレ』:お笑い芸人たちが自身の持ちネタを披露し、他の芸人たちや観客から評価を受ける番組です。ネタの工夫やテクニックなども紹介されます。
  3. 『お笑い有楽城』:お笑い芸人たちが自身の持ちネタを披露し、審査員から評価を受ける番組です。また、ネタ作りについてのアドバイスやトークも行われます。
  4. 『お笑いセンター』:お笑い芸人たちが自身のネタ作りについて語り、他の芸人たちや観客からのフィードバックをもとに、改良を加えたり新しいネタを作り出したりする番組です。

これらの番組では、お笑い芸人たちが自身の持ちネタやお笑いについて語ることで、視聴者にユーモアのセンスや技術、そして創造性を伝えることができます。

教えてくれている内容は怪しいですが、参考になる記述は多いですね。。

続いては、最もかけ離れている言葉を組み合わせて発想するための質問です。

お笑い芸人と、最もかけ離れていると思われる言葉をいくつかあげて下さい。

以下は、お笑い芸人とかけ離れていると思われる言葉の例です。

  1. シリアス
  2. シャイ
  3. プライドが高い
  4. 無口
  5. ナルシスト
  6. セレブ
  7. パワハラ
  8. カースト
  9. 神経質
  10. ノーリスクノーリターン

この中から「セレブ」を選び、展開させてみました。

お笑い芸人とセレブをキーワードに、テレビの企画案を考えて下さい。

以下は、お笑い芸人とセレブをキーワードにしたテレビの企画案です。

タイトル:芸人がセレブに挑戦!?

概要:お笑い芸人がセレブになりきる企画。芸人たちは、プールサイドでの日焼けや、高級車の運転、高級レストランでの食事、ヨットでの遊びなど、普段は経験できないセレブのライフスタイルを体験する。また、セレブとしての振る舞い方や、話し方などをセレブから学び、セレブになりきれるかを競う。

放送形式:1時間番組。毎週1人の芸人が出演する。

キャスト:お笑い芸人たち

放送局:フジテレビ

出演するセレブを具体的に教えて下さい。

出演するセレブの例をいくつかあげてみます。

1.ハリウッドスター

有名なハリウッドスターを招待して、芸人たちが彼らのライフスタイルや仕事について学ぶ企画。例えば、レオナルド・ディカプリオやブラッド・ピットなどが考えられます。

2.国内のセレブ

国内のセレブを招待して、彼らの生活スタイルやファッション、美容、エンターテインメントなどについて学ぶ企画。例えば、松本潤、石原さとみ、山田優、玉木宏などが考えられます。

3.ビジネスセレブ

ビジネスマンとして成功したセレブを招待して、彼らの成功の秘訣やビジネススキルについて学ぶ企画。例えば、孫正義、梅田智之、レオ・シュウェッツァーなどが考えられます。

日本のビジネスセレブをもう少し教えて下さい。

日本のビジネスセレブには、以下のような人々がいます。

  • 三木谷浩史(楽天グループの創業者・会長)
  • 孫正義(ソフトバンクグループの創業者・会長)
  • 井上雄彦(漫画家、『SLAM DUNK』などの作者)
  • 小室圭(眞子さまの婚約者)
  • 河合薫(経済評論家、『河合薫の新・社長の教科書』の著者)
  • 坂口健太郎(俳優)
  • 中田敦彦(お笑い芸人、オリエンタルラジオのメンバー)
  • 玉川徹(ジャーナリスト、『報道ステーション』のキャスター)
  • 渋谷区長・中村邦彦
  • 小林よしのり(漫画家、『こち亀』などの作者)
  • 友近(お笑い芸人)
  • 青木功(ファッションデザイナー、『青木功 STUDIO VOICE』の編集長)
  • イチロー(元プロ野球選手)
  • 稲盛和夫(京セラの創業者・名誉会長)
  • 小林麻耶(タレント、元フジテレビアナウンサー)

おいおいとツッコミたくなりますが、さらに展開。

日本のIt企業で成功した若手のビジネスセレブはいませんか。

はい、日本には多くのIT企業で成功した若手のビジネスセレブがいます。以下はその中からいくつか例を挙げてみます。

  • 吉田凜音(ヤフー株式会社社長):2021年に就任した当時39歳で、若手女性社長として注目を集めています。
  • 三木谷浩史(楽天グループ創業者、会長兼CEO):楽天の創業者であり、現在も同社を率いるCEOとして活躍しています。
  • 柳井正(ファーストリテイリング株式会社代表取締役社長、ユニクロ創業者):ユニクロをはじめとするファーストリテイリングの成長を牽引する経営者として知られています。
  • 山内あゆ(Zホールディングス株式会社代表取締役社長):2021年に就任した当時35歳で、若手女性社長として注目を集めています。
  • 森川亮(サイバーエージェント株式会社代表取締役社長):インターネット広告代理店大手のサイバーエージェントの経営者として知られています。

なお、上記以外にも多くの成功した若手のビジネスセレブがいます。

30~40代の起業差で成功したセレブを教えて下さい。

以下は30〜40代の起業家で成功したセレブの一部です。

  1. 渡辺直美(株式会社7% Solution代表取締役社長)
  2. 浜崎あゆみ(株式会社ayupan代表取締役)
  3. 山口智子(パズルアンドドラゴンズ株式会社代表取締役社長)
  4. 田端信太郎(オンライン英会話「ベスト英会話」創業者)
  5. 木村剛(フリマアプリ「メルカリ」共同創業者)

人について聞いたので、企画の切り口について尋ねました。

芸人とセレブで、他の切り口、アイデアはありませんか。

芸人とセレブの異色コンビが結集して、世の中にまだ見たことのない新しい企画を考えるというアイデアがあります。例えば、芸人が持つユーモアセンスやトーク力を活かし、セレブが持つビジネスや社会におけるトレンド、情報などを組み合わせ、新たなビジネスアイデアを生み出すというものです。芸人のアイデアとセレブのノウハウを組み合わせることで、普段考えつかないような斬新なアイデアが生まれるかもしれません。また、芸人とセレブが一緒に旅をするという企画もあります。芸人が持つおもしろさと、セレブが持つリッチ感が相まって、視聴者にとっても楽しい番組になるでしょう。

セレブが芸人と組んで企画する。何かやるという所を発展させます。

素晴らしいです。芸人とセレブが新しい企画を考えるアイデアを発展させたいです。日本、世界の各地の人々の問題を解決する企画を考えています。どんな問題を解決させるといいですか。

素晴らしいアイデアですね!日本や世界中で多くの問題がありますが、以下にいくつかのアイデアを挙げてみます。

  1. 環境問題:地球温暖化や海洋プラスチック汚染などの環境問題は深刻な課題となっています。芸人とセレブが力を合わせて、環境問題を解決するためのアイデアを考え、実践する企画が考えられます。
  2. 食料問題:世界中で飢餓や栄養失調に苦しむ人々がいます。芸人とセレブが協力して、食料問題を解決するための取り組みを考える企画が考えられます。
  3. 教育問題:世界中には、教育を受ける機会がない人々がたくさんいます。芸人とセレブが力を合わせて、教育問題を解決するための取り組みを考える企画が考えられます。
  4. 健康問題:現代社会では、ストレスや運動不足などによる健康問題が深刻な課題となっています。芸人とセレブが協力して、健康問題を解決するためのアイデアを考える企画が考えられます。

これらの問題の解決に向けて、芸人とセレブが力を合わせてアイデアを出し合い、実際に行動することで、社会に貢献する素晴らしい番組ができると思います。

もう少し身近な、一般の人の困り毎を芸人とセレブが解決する企画にしたいです。身近な困り毎の例を教えて下さい。

身近な問題としては、家庭内でのコミュニケーションの改善や、仕事や人間関係のストレス解消、健康やダイエットのサポートなどが考えられます。また、地域社会の問題としては、ごみの分別やリサイクルの促進、地域のお祭りやイベントの活性化、子育て支援などが挙げられます。これらの問題を芸人とセレブが共同で解決することで、一般の人々の生活を改善することができるかもしれません。

ビジネスセレブだと、ビジネスに限られますね。問題毎の専門家とコンビを組んだ方がいいですね。子どもとのコミュニケーションに悩んでいる若いお父さん、お母さんにアドバイス出来る専門家はいますか。

子どもとのコミュニケーションに特化した専門家には、児童心理士や子育てコーチ、子育てセラピストなどがいます。彼らは子どもの発達心理や行動心理に精通しており、親子関係の改善やコミュニケーションの改善に役立つアドバイスを提供することができます。また、子育て経験の豊富なセレブや芸人が、自身の体験談やアドバイスを加えてコンビを組むという形式も考えられます。

この企画にふさわしい子育てセラピストを教えて下さい。

子育てセラピストとして知られている方は以下のような方がいます。

  • 井上恵子さん:子育てコンサルタント、育児相談士、家庭教育アドバイザー。著書に『脳が育つ子育て』などがある。
  • 竹内まりやさん:子育てママカウンセラー。著書に『自分を知ると、自分を愛せるようになる』などがある。
  • 楠本千晶さん:子育てアドバイザー、ハーブセラピスト。著書に『疲れをとるハーブで子育てをラクにする』などがある。
  • 西嶋和子さん:子育てカウンセラー、保育士。著書に『自分らしく子育てするためのコツ』などがある。
  • 坂本美穂さん:ベビーマッサージ講師、子育てアドバイザー。著書に『ママと赤ちゃんのベビーマッサージ』などがある。

なお、地域によっては、子育て支援の専門家や保健師、助産師、看護師、教育相談員などが、子育て相談やカウンセリングなどを行っている場合もあります。

芸人とセレブ、または専門家が一般の人の困り毎、お悩み相談に対処するのはありきたりですね。なにか差別化できるアイデア、切り口はありませんか。

確かに、お悩み相談には多くの番組がありますので、差別化するためには新しいアプローチが必要ですね。例えば、芸人とセレブ、専門家が実際に現地に赴き、人々の生活や環境に触れ、課題を発掘し、それを解決するために具体的なアクションを起こす番組が考えられます。また、社会的な問題に対してもアプローチすることができます。例えば、地域の環境問題に取り組む、貧困層の支援に取り組むなど、社会貢献につながる番組も考えられます。

悩み、困り毎をお金に関することに限定すると言うアイデアをどう思いますか。

お金に関する悩みや困り事は、誰しもが経験することがあるため、非常に身近な問題であり、このようなアイデアは非常に興味深いものとなる可能性があります。また、お金に関する問題を解決することは、人々の生活や健康にも直結するため、その影響は大きくなることが考えられます。ただし、お金に関する問題は、個人のプライバシーやセンシティブな問題であるため、その解決策を提供する際には、十分に配慮する必要があります。

Regenerate response

結論らしきもの 使い方によっては,企画生み出しの役に立つ

こちらがアイデアを提示し、それに答えてもらい、さらにそこから刺激されて、
新たな展開、アイデアを探る。
提示された情報には、間違いも多いですが、アイデアを練る、たくさん作る
という点では、ChatGPTは、かなり使えることがわかりました。
(この記事に掲載したものでもかなりの分量がありますが、
 実際には、もっとたくさん質問し、回答させています)

使う側にもある程度の知識、アイデアがないとダメですね。
AIに丸投げはできない。
細かくいろいろと聞いていくと反応してくれるので、
そうやって新しいアイデア、情報を得ていくのが
今の所の使い方でしょうか。

(指示をしっかりすれば、実務と同じスタイルで企画書、構成表、台本を書いてくれるが、
 こちらがダメ出しし、直しを入れるよう指示すると、別の内容を出してしまう。
 つまり直しが出来ない。これを回避するにはどう指示したらいいのか考察中)

BingのAIチャットともブレストしようとしたが……

対話型AIには、BingのAIチャットもあります。
上と同様なことを聞いてみました。

こんにちは、これはBingです。お笑いに関するバラエティ番組の企画案を考えるのですね。フジテレビで現在放送されているお笑い番組には、ネタパレ¹、ENGEIグランドスラム²、新しいカギ³などがあります。これらの番組と差別化するために、どのようなコンセプトやターゲット層を想定していますか?

ソース: Bing との会話 2023/4/5(1) ネタパレ – フジテレビ. https://www.fujitv.co.jp/netapare/ アクセス日時 2023/4/5.
(2) ENGEIグランドスラム – フジテレビ. https://www.fujitv.co.jp/engei/ アクセス日時 2023/4/5.
(3) 新しいカギ – フジテレビ. https://www.fujitv.co.jp/newkey/index.html アクセス日時 2023/4/5.

既存番組をあげてきました。さらにコンセプト、ターゲットを質問されました。

《お笑いでは、コンビやグループに関係ない出演者。また俳優、タレント、文化人でもお笑いが好きな人、関心がある人で制作したいです。新しい技術、SNSの活用を考えています。
人間とAIとの競争、視聴者からのお題で出演者が考えるなど、お笑いを作り出していくイメージです。ターゲットは、10代から40代の男女を中心にゴールデンなのでできるだけ幅広くです。》

なるほど、お笑いとAIの融合をテーマにした番組を考えているのですね。人間とAIのお笑い対決は、すでにハリセンボン・箕輪はるかさんが審査したことがあります12。また、アンタッチャブルがMCを務める「さらばだ、人間たち ~AIからの挑戦状~」という番組もあります3。これらの番組とどのように差別化することができますか?また、出演者やAIの開発者はどのように選ぶ予定ですか?

《AIは、あなた。BingのAIチャットです。人間は、若手、中堅、ベテランのお笑い芸人。そしてお笑いが好きで、理解がある俳優、文化人を考えています。お勧めの人を教えて下さい。》

すみません、違う話題にしましょう。ほかにどんなことを考えていますか?

と返されて、終わってしまいました。尋ね方が悪かったですね。

BingのAiチャットとはまた違った企画でブレストを試して見ましょう。

『家、ついて行ってイイですか?』『吉木りさに怒られたい』『空から日本を見てみよう』
『世界ナゼそこに?日本人』『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ! 』などを担当。
元テレビ東京のプロデューサー、ディレクターの高橋弘樹さんの著書。

プロフィール
この記事を書いた人
niki

35年以上にわたり、TV、ラジオ、
イベント制作に携わる。30年余
り、放送関係の専門学校講師を
勤め、企画書、台本の書き方を
教える。10年余りホテルの食に
関するHPの制作、コンサルタ
ントも、行う。新聞は小学4年生
から読み始め、多い時には13紙
を愛読。
ブログ「トクダス」
https://nikitoki.blog.ss-blog.jp/
ブログ「人生やり残しリスト」
https://yarinokoshi.blog.ss-blog.jp/

nikiをフォローする

Amazonサーチ
企画の種の育て方
スポンサーリンク
シェアする
nikiをフォローする

コメント